素子さんへ

素子さん(写真、FBよりお借りしました)

私が素子さんが経営するホットヨガスタジオ「ホットゾーンゼロ(現LAVA)」に入会したのは、ウツで会社を休職し、言葉の通り鬱々と過ごし、しばらく経った頃です。

このままでは廃人になりかねん、と、本能なのか?なぜかヨガでも始めようかと思って、通勤途中に駅で見かけていたゼロの看板を思い出したのきっかけです。入会してから週5回、体のリズムを取り戻す感覚で取り憑かれたように通いつめました。

オーナーである素子さんのことを直接知ったのは、素子さんの特別レッスンを受けてからです。「カラダの取説を学ぶ」をテーマに骨・筋肉の作りを学びながら体を効率的・効果的に動かすワークショップ。

オーナーなのに自分でもレッスンを受け持っているんだ〜とも思いながら、何よりも素子さんが放つオーラの虜になりました。スタジオのインストラクターさんたちが素子さん大好きな会員さんを「素子教の信者」と揶揄していましたが、私も熱心な信者の一人に。

毎日更新される素子さんのブログを楽しみにしていましたし、ヨガと瞑想を組み合わせたオーナーレッスン「アンチエイジング」は大好きなレッスンでした。信者度が上がったのは、スタジオが主催する伊勢志摩での断食合宿。

あの断食合宿はその後の私の人生を変えたと言っても過言ではありません。

素子さんや坂番さんの栄養学の講座は、これまでの常識が180度覆される衝撃的なものでした。添加物に代表される現代の食生活が自分の体だけでなく心を蝕んでいることを学び、食やそれを選択する重要性を初めて知ったのはあの講座です。

それまで私は自分に起きた出来事を他人や環境のせいにしていました。鬱になったのも自分はこんなに頑張っているのに誰も理解してくれないからだと思っていました。でも、それは自分自身が招いていたこと、だと、その基盤になっているのが食だと気づかされたのです。スナック菓子を主食にしていた自分に猛烈に猛省でした。

2泊3日の断食合宿が終わって驚いたのは、長い間患っていた慢性蕁麻疹がピタリと治ったこと。薬が切れるとすぐ痒くなるほど手放せないものだったのに、断食で腸を掃除したことで発疹も痒みも無くなったのには本当に驚きました(注:個人差あります)。

断食合宿では腸は「幸せホルモン」を出す器官とも学びました。腸に関しての研究はまだまだ途上とはいえ、腸を心地よい状態にすることが心も豊かに幸せにする・・・私の意識が大きく変わった時間でした。

断食合宿で、私の体と心に長く沈殿していた澱(おり)が流れ出たのだと思います。あの合宿を機に私の世界は大きく変わり始めました。新しい刺激的な出会いのご縁に恵まれれるようになり、そのご縁が現在の私の礎になっています。

食だけでなく、思考のあり方についても素子さんからたくさん学びました。特に素子さんがサポートしていたArt of Livingの学びでは自分自身を幸せにするのも不幸にするのも自分次第だと学びました。この学びで怒りなど負の感情への向き合い方も変わりました。

バリ島で行われたArt of Living part2プログラム「沈黙と瞑想」は素子さんとご一緒することができました。本・スマホ禁止、誰とも話さず徹底的に自分と向き合う時間。毎日 日の出のともにビーチでヨガをして、皆既月食の中で瞑想もしました。これまで経験したことがない豊かな時間でした。

プログラム終了後 ビーチで素子さんの特別レッスンを受けられたのもいい思い出ですし、バーでビールを飲みながら「ホットヨガに出会った時には体に電流が走った」とお話しされていたことはとても印象に残っています。

私自身の活動が広がって行く中でスタジオに通う回数が減り、ホットゾーンゼロはLAVAと経営統合するなどお会いする機会がめっきり減っていたにも関わらず、私が肩を怪我した時には直接メールをくださいました。リハビリでヨガは早いと言われ、川名神社での素子さんのレッスンを泣く泣くキャンセルしたのがとても悔やまれます。

そんな素子さんが乳がんで闘病中だと知ったのは、ほんの1週間前のことです。スマホも持てないくらいの痛みと闘っていると聞きました。あれだけ自分の体と心をケアしている素子さんが乳がん?と言葉を失っていた矢先、素子さんはあっという間に天国に旅立ってしまいました。

最近「人はあの世で自分の人生設計を作って、この世に降り立つ。この世は魂の学びの場である」ことを臨床データを元に書かれた本を読みました。この本を肯定すると素子さんはこの世の学びを終えて魂の世界に戻られたのでしょうか。そうだとしても私たちはまだ受け止めることができません。ポッカリと穴が空いた感じ。

しばらく会っていない私でさえもそうなのだから、ご家族ご親族、ホットゾーンゼロのスタッフの皆様の悲しみは計り知れないものがあると思います。

ただ葬儀の日を聞いてびっくりしました。宇宙元旦である春分の日に旅立つなんて、いかにも素子さんらしいな、と。名古屋はあいにくの雨模様でしたがご出棺の時は強烈な晴れ女の素子さんらしく雨は上がっていました。さすがです。

素子さん、言葉にしたらキリがないほどのたくさんの学びを本当にありがとうございました。素子さんは私の人生に新たな息吹を吹き込んでくれた方。私の痩せこけた土壌を耕し、種を植える準備をしてくださったのは素子さんと素子さんが率いたホットゾーンゼロさんです。どんなに感謝の気持ちを伝えても伝えきれません。

これからも素子さんから教えていただいたことを胸に刻んで自分の魂が喜ぶ道を選んで毎日を心豊かに過ごしていきます。本当に本当に本当にありがとうございました。
どうかゆっくりお休みください。

ありったけの愛と感謝を込めて。