「心のコリ」が取れた時に手放した私の固執

6/20(土)長谷川千恵さんワークショップ「集うと閃く可能性無限大お茶会」の残席は4です。


以前ブログに書いた長谷川千恵さんとの出会いで取れた、
長く固くへばりついていた私の「心のコリ」のひとつは『会社への依存』かなー。

私は実家が自営で倒産し、子供時代、経済的にとってもとっても苦労したため、小さなころからサラリーマンに憧れてました。しかも大企業。
だってサラリーマンになれば、毎月お金が入ってくるから。
で、大企業であれば倒産する可能性が低い→路頭に迷わなくて済む。
(最近はそうでもない)

で、現在かなり知名度が高い大企業に所属しています。
なので、勤務先を言うと「すごいですねー」と言われます。

そして、そう言われることに気持ち良さを感じる自分がいました。
その勤務先に所属する自分にプライドを持っていました。
当然Facebookの勤務先入力欄にも勤務先を堂々と載っけてました。
その会社に所属する社員であることのプライドを保つため、
言葉通り一生懸命仕事もしてきたと自分では思っています。

そんな風に勤務先に愛着というかロイヤリティーを感じていたんですが、その勤務先を先日Facebookの自己紹介欄から外しました。というより外せました。

バーチャルだけなので、なんてことないでしょ?と思う方もしれません。辞めてないので説得力は薄いです。だけど、その会社に所属する自分にプライドを持っていた私自身としては大きな出来事。

明確な理由は書けないですが、なんでか突然「あ、もうこれ、無くてもいいな」と。

前回の案内で「自分と向き合えずにいた」と書きましたが、
私の場合、自分自身を信じられない信じようとしない代わりのひとつとして、大企業で働く自分を装うことにより、
自分のバランスを取ろうとしていたのかなーと思います。
下着ボロボロでもドレスが高級ブランドだと安心するのと同じ?笑

千恵さんと話すとき、千恵さんは「あーせい」「こーせい」と
アドバイスすることはしません。
「で、どうしたいの?」「なんでそう思うの?」と聞いてきます。

なので、なんで自分はそう思うのか?を改めて考えます。
表面的に感覚的に深く考えていなかったことが、自分の深層心理と間違えて解釈していたこともありました。

そうやってコリを少しずつ外し、自分を見つめていった先に
「どこかに所属していなくても不安を感じず、誰がどー言おうとも自分が自分であればそれでいい」という気持ちになれたかなーと思ってます。

そんな風に自分を見つめられる見つけられるお話会がこちらです。(お申し込みはこちら

もっと自分を見つけたい方は、翌日のグループセッションもおすすめです。

IMG_3795

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中