長谷川千恵さんとお話しすることに遠慮してしまう

IMG_4037
ココロを打つ文章がぐぐぐっと入り込んでくる長谷川千恵さんの言葉。

千恵さんのWSを主催していることもあって「ピタゴラスイーツの長谷川千恵さんとお話ししてみたい」「お話しを聞いてみたい」という話をよく聞きます。

でも「行けばいいじゃん。イベントやってるよ」と伝えても「なんかわたしみたいなのが、千恵さんとお話ししていいものかと思って遠慮してしまう」という声も聞きます。

へー。そういうもんなのか。

わたしは人一倍フットワークが軽いらしく(周囲談)、「気になる」と思うと後先考えず出向いてしまうので、その気持ちは正直 あまりよくわかりません。

確かに千恵さんの言葉はパワーがみなぎっているので、あまりの凄さに圧倒されてしまうのかもしれませんねえ。

(川でミトコンドリア爆発中の千恵さん(写真右端)その後に投稿した文章はもちろん出力最大レベル笑)
IMG_3721

わたしは千恵さんに遠慮と言うより、言葉の表現力という才能に圧倒されて凹むことが多々あります。わたしの言葉って本当にのっぺりしてるし(´Д` )、だからと言って真似できないし、真似したところでブログは人が出るので「この人 無理してキャラ作ってるなー」と、すぐバレる→逆効果。

話しが逸れた。

人それぞれの理由や気持ちはありますが、「気になった」ってことは自分のココロに何か引っかかるものがあったということではないでしょうか?

星の数ほどあるブログやFacebookの投稿。気に留めないものが方が多く、スルーしてスクロールしてしまう中で「あ」と立ち止まったってことは、何気なくやってることですが、見方を変えてみるととてもとてもすごいこと。

自分の中では意識してしない、つまり「無意識」が立ち止まらせた出来事だと思うのですが、こんな風に思うのはわたしだけかなあ。

その「無意識」のサインって実は深い深い意味を持っていたりするし、そのお陰でわたしはここに至ってるし。

(前回のWSのワンシーン。笑いも最大出力レベル!)
IMG_4087

長くなるので、ここでは割愛しますが、わたしは自分のココロに蓋をしてガムテープを貼っていたことがあった時期がありました。そうすると見事なほど体は正直で心身のバランスを崩し、体調というか自分自身が壊れるんです。

今では、いい歳してアフロのかつらかぶってますけど、そんな頃があったのですよ( ̄▽ ̄)。今 こうしてイベントしたり例えば堀内瑠美さんを招致するなんてことができたのは千恵さんがガイドしてくれた中、自分のココロに素直に従えたからです。

何が言いたいかって、自分のココロが立ち止まらせたことには素直に従ってみてはいかがでしょう?という提案です。「あ」と思ったり「なんか気になる」と思ったら動いてみたほうがよいと思いますよ〜。

従ってみると、面白いくらいに色んなことが変わっていきますから!これは経験者として強く断言できるし、断言したいのです。

そんな「なんか気になる長谷川千恵さん」とお話ししてみてはいかがですか?

7月24日長谷川千恵さんワークショップ「集うと閃く可能性無限大お茶会」のご案内はこちらから

千恵さんの大吉おみくじ。誰もがいつでも人生は大吉さ〜♪

IMG_4031

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中