異口同音 そして…最後はやはりこの人 長谷川千恵さん

先週は水曜〜金曜にかけて、3人のマスターから全く同じことを言われました。

まずは水曜日。
ピタゴラスイーツさんで長谷川千恵さんから、
10615338_1483570468598570_5558100510195524297_n

「色んな人との出会いで忙しくなっていくから、ちゃんと自分で自分を止めなさい」

続いて木曜日。
レイキヒーリングの伝授セミナーにて蓮野美玲先生から、

10005992_625629577515920_4910170448328609688_o

「人にエネルギーを与えすぎる傾向があるから、エネルギー不足にならないように自分でコントロールしなきゃだめよ」

最後に金曜日。
私の中の中心軸をみつけるセミナーにて野田歩海さんから、

12011139_773529846091396_8105147664801298389_n

「自分の価値を相手に委ねてますねぇ。対人の境界線を相手に決めてもらっていると疲れますよぉ〜

このお三方は一堂に会したことはないのですよ。よっぽどそう見えるのか…(⌒-⌒; )。

金曜日は夕方 長谷川千恵さんとお茶する約束だったので「3日連続で同じこと言われましたわぁ〜ははは」と話したら、何の拍子か私の子供の頃の話になりまして。。。

そこから思いもよらない展開に_φ( ̄ー ̄ )

わたしは子供の頃の記憶がほとんどなくて、それはわたしと両親、父母の夫婦関係が悪かったことに起因しているようですが、そんな話をしたら千恵さんが

「ご両親の記憶で一番に残っていることは何?」と聞く。なので、一番 強烈に覚えている記憶を伝えました。それは、わたしが5歳のとき、母が入院することになった際、父が母にとった冷酷な言動でわたしが父を嫌う原因にもなった記憶。そこで千恵さん、

「なんでお父さんはそういう態度をとってしまったのだろうね?」

と聞いてくるではありませんか。
「はぁ〜あ?そんなことも考えたこともなかったわ(゚O゚)\(- -;」 と思いながら、脳みそを動かし問答を続けること約1時間。

そーしたらですねーーー。

あーーんな大嫌いだった父の生き方とわたしの生き方がとっても重なっているのが見えてくるんです。

まあ主な事例としては、、、、

子供の頃の経済苦がトラウマで安定的生活が全てと、夢なんてばかばかしく収入を得るためには「ガマン」も必要と思っていたわたし
祖父が早逝し家業を継がざるを得ず、夢どころではなく自分のやりたいことを断念せざるを得ず、祖父の存在が大きすぎて家業もやめるにやめられなかったであろう(と推測)父

こんな感じだったのですが、まさか大嫌いだった父と自分を重ねる、ましてや人生や思考が似てるなんて考えたこともなく、というより考えたくもないことだったので、

わたしには思いもよらない展開になったんです。

終盤に千恵さん、

「お父さんは何をしたかったのだと思う?」と聞いてきたので
「父は自分の人生を自分で決めたかったのだと思います」と答えたわたし。

そしたら、千恵さんがポツリと
「それがりょーこさんが本当にしたいことよ」と。

力が抜けました…(^◇^;) →帰宅後はバタンキュー

千恵さんのセッションは、対処法を考えるのではなく根本まで原因を突き詰めていきます。なので何度も「どうして?」「なぜ?」と問いかけられます。なぜならば、答えは自分の中にしかないから。
もちろんその過程では痛みを伴ったりしますが、そこを乗り越えることが「本来の自分」に戻るためには必要という考え方なのです。

そして大きなしこり、わだかまりを認識すると同時に手放すので、その後は全く違う出来事がやってきます。どう言ったらいいのかな。素に戻ることで「引き」が強くなる感じ…でしょうか。わたしはそれを一つ一つ乗り越えたことで、会社一辺倒の人生から今に至っているのだと思います。

父は頑固ですぐ怒って何でも反対する人でわたしは、何十年も反発してきたんですが、父の立場や気持ちにたったことはなく、初めて父の気持ちに触れることができたような時間でした。

またひとつ乗り越えたので、これから何が起こるのか楽しみです(^ ^)

そんな千恵さんとのお話会は9月26日に開催ですが、おかげさまで早くも満席♪( ´▽`)
参加される方々がそれぞれ手放したいしこりやわだかまりとお別れし、これまでとは違った自分との出会いを感じてくれますように。

2015.9.14