経血はカラダとココロからのメッセージ

3448c7b8d8787661379d5d577f95eb71_s

8月に名古屋で「生理ついて改めて学ぼう One Dayコラボレーション講座」を企画した時、「生理そのもの話」と「食べ物」と「ヨガ」の3つをうまく繋げられるのかどうか最初 不安でした。

でも、当日 3人の講師がそれぞれ熱く語っているを聞いていて、

「あー、『生理って、カラダのアウトプットなんだー』」って思えたんですよね。

排泄で体の調子がわかるのと全く同じなんだと。

例えば「生理痛がひどい」という人。この原因は体の冷え。

体の冷えの原因は、食べ物です。体を冷やす食べ物や飲み物を摂取しているから。

冷やす食べ物というのは、冷たい飲み物だけではありません。盲点は「砂糖」。砂糖は体を冷やすんですよ。わたしも知ったのはつい最近(; ̄O ̄)

じゃあ、なぜ砂糖がたくさん入っているものを摂取するのか?我慢しようと思っても食べてしまうのはなぜか?

それはココロが安定していないからなんだと思います。

チャクラの先生に以前 「甘いものを食べたがるのは『人生に甘味が欲しいから。口で甘いものを食べることで代用しようとしている。それだけ今が辛いということ」と言われたことがあります。なるほどね〜と。

仕事がパンパンでイライラしている時って、チョコ一気食いでしたから( ꒪⌓︎꒪)

なので、

「ココロが安定しない→食生活が荒くなる→結果として生理の状況が悪くなる」

というサイクルになるのだと思います。

わたしたちのコラボレーション講座では、この悪循環を断ち切って、好循環サイクルに変えようというもの。

小角眞由美さんが担当するまーこヨガでは「体軸づくり」。ココロとカラダはつながっているので、カラダの軸をつくるということは、つまりココロの軸をつくることです。

IMG_5175

ココロの軸が整えば、食生活が変わっていきます。わたしたちのカラダとココロは食べ物でできているので、山口美和さんのパートでは、食べることの大切さを伝えたい。

IMG_5174

そして、小山田貴子さんの時間では、題名の通り『学校では教わっていない』生理そのものについて実験も交えながら正しい知識を得てほしいと思ってます。

IMG_5176

福井で開催するコラボレーション講座は、いよいよ来週10月17日。残席はあとひとつです。

ご参加お待ちしていますね。

コラボレーション講座の詳細はこちらをクリック!