朝食をコースで食べるアルモニーアンブラッセ大阪

昨日の「今年の漢字を一文字で表す」の続き。朝食会の会場が素敵すぎたのでご紹介。

この漢字を発表したのは、大阪にあるアルモニーアンブラッセ大阪というスモールラグジュアリーなホテルの10階にあるレストラン「レヨン」です。

日本最大級の女性向け朝活コミュニティを主宰する堀内瑠美さんの「ウーマン朝食会」忘年スペシャル。

なんでもこちらの朝食は「奇跡の朝食」と言われているそうな。

朝食をコースでいただくのですよ。ビッフェ慣れしているので新鮮でした。

お料理の内容はこんなリーフレットに書かれていて。

IMG_8913

昨日も写真を掲載しましたけど、まずはシャンパンをいただきます。気分は最高ですねえ〜(≧∇≦)

IMG_8919

次に出てきたのはジュース類。バナナとかセロリとか入ったスムージーでした。詳しくは覚えていない…(レポになっていないとも言う)。その隣にあるのはタピオカ入りヨーグルト。

IMG_8920

焼きたてのオリジナルバケット類。たくさん種類があります。

IMG_8922

みなさん2つとかお上品に頼まれてましたけど、わたしは名古屋からやって参りましたので、3つ取ってもらいました( ̄▽ ̄)。その後、2回 おかわりしました。はちみつのデニッシュが美味しかったー!

IMG_8924

デミダスカップに入ってきたのはコンソメスープ。とても濃厚でした。

IMG_8923

そしてそしてワゴンで運ばれてきたのは、なんとお野菜さんたち。季節の野菜の盛り合わせを目の前で切ってくれるのです。あ、写真がない。

IMG_8925

と思ったら、参加者のおひとりであるフォトグラファーの吉山満里さんがブログに投稿していたので写真をいただいてしまおう( ̄▽ ̄)。

o0800106713526607189

満里さんはわたしのプロフィール写真を撮ってくださっている方なのです)次回のプロフィール撮影会は1月17日だそうですよ

茄子とか生で食べられてむちゃむちゃ美味しかったです。野菜好きにはたまりませぬ。これもおかわりしたかった。

卵料理はオムレツ、スクランブルエッグ、ポーチドエックなどなどチョイスすることができます。

わたしは普段絶対食べない(作れない)ポーチドエッグにしました。付け合わせのベーコンは洞爺湖サミットで饗されたものと同じもの。気分はG7首脳!?

IMG_8927

さすが「奇跡の朝食」。出すものが違う♡

忘年朝食会らしい素敵なところでした。

IMG_8916

名古屋にもこーいうところがあるといいなぁと思いましたが、おまけ文化なので無理か…。

こちらの朝食12時までらしいので、また食べに行きたーーい!と思ったのでした。それにこちらは瑠美さん曰く「アフタヌーンティー」もいいらしいので、こちらもぜひ行ってみたいですね。誰か一緒にいこーー!

朝食会の後は、瑠美さんのFacebook便りを書かれているよねだひさえさんに誘っていただき、瑠美さんもお誘いして3人でお茶に。

どこ行く?という話から、「ブログネタになるから」だけで入ったのは、

ポムポムカフェ。

IMG_8928

こんなことでもない限り絶対入ることはない場所です。わたし、キャラクターもの興味ないし。

実はサンリオ好きという瑠美さん。それにさすがパワーブロガーは撮影ポイントは外しません。熱心に撮影しておられましたわ( ̄▽ ̄)。わたしは引き気味でシャッター切れず…。修行が足りませんね。

IMG_8930

お腹いっぱいでしたけど、プリン食べました。濃厚で美味しかったけど濃厚すぎて帰りの新幹線で酔いました…。

1660677_10208254626064593_8397114068655124342_n

店内は別世界。こういう場所の徹底ぶりには脱帽です。ドン引きしたので写真ないですが、ランチョンマット、コースターはもちろんのこと壁紙、ランプなどの内装も全てポムポムワールド!お上りさんみたく、店内をキョロキョロキョロキョロ。

ちゃっかり記念撮影。

1915868_10208254625504579_6201476332964950916_n

ポムポムワールドに興味のないわたしたちでしたが、ちゃっかり2時間くらい店内に居座りまして、店を出たら大行列でびっくりポン。

始発2本目で来た甲斐ありましたわ。大阪モーニング。朝食食べるために大阪?とも思うひともいるでしょうけど、新しい出会いがあり、その方々から刺激をもらえたり、お酒を飲みながらとは違う楽しさが朝食会にはあります。

IMG_8912

出会いや刺激はプライスレス。「ここでしかない出会い・経験」があるので、そこはお金に引き換えられるものではないと思ってます。

それにお金がかかった分は、その分 稼げばいいしね、という思考になっている自分にも頼もしさを感じました(笑)

瑠美さん、ひさえさん、今回の出会いがあった皆様にありがとうです!

また大阪に出没していたらよろしくです!

決めると動く、いや、決めれば勝手に動くだな

昨日 堀内瑠美さんが主催する「ウーマン朝食会」に参加してきました。

忘年朝食会ということで「奇跡の朝食」を食べました。マイウーでしたよ!!朝からシャンパン飲めたしね!

IMG_8919

 

 

 

 

 

 

 

 
朝ごはん食べるためだけのために大阪!?って自分でもかなりツッコミましたけど、瑠美さんには今年1年 世話になったし、やっぱり「行こう!」と参加を決めました。

ウーマン朝食会では毎回テーマがあります。

今回は「今年と来年を漢字一文字で表す」

人前で発表することもあるので、一生懸命考えます。こういう機会でもなければ真剣に考えないので、そういう意味でも参加を決めてよかったと思いました。

私の今年の漢字は「決」「決める」です。

IMG_8990

今年は本当に「決めて」「動いた」一年だったなぁと。というより「決めた」ことによって勝手に「動いていた」という印象ですかな。

書くとたくさんありますが、一番大きいのはセミナー主催という仕事を「やってみると決めた」ことです。

全くど素人でチャレンジングなことでしたが「やると決めた」ことで今年1年(正確には半年)の毎日が45年間の人生でないものになりました。

IMG_7008

人との出会いはもちろんのこと、いろんなものが爆発的に広がりました。たくさんありすぎて書ききれません(笑)

IMG_7979

まー、毎日が楽しい。プレッシャーもあるけど終わったときの参加者の皆さんからの「来てよかった」「開催してくれてありがとう」等のうれしいコメント聞けば、集客のプレッシャーなんて吹っ飛ぶ。

IMG_4066

(本職の…敢えてカッコ書き)会社でも新会社設立などの大きなプロジェクトを任されたことがありますが、終わった時の感覚が違います。

IMG_8089

会社の場合は「はぁー終わった。しばらくサボりたい」ですが、セミナー主催は「終わったー!次 何 or いつやろう」ですね。

IMG_7175

進行中(集客中)の言い訳や愚痴も文句もないです。なぜならば「自分で決めた」から。ひたすら「やる」しかありません。

会社の中では、いつも愚痴と文句と噂話に興じていたので、こんな感覚は初めて。

「決めて」「動いた」ことで、外の世界はもちろんのこと自分の内側の世界も広がったなあぁと感じた1年でした。

IMG_8238

もしここで「わたしにできるかな?大丈夫かな?」「やっぱりわたしには無理かも…」なんて躊躇していたら、こんなことにはならなかった。

12047355_10207710964113384_1006309822_n

やれるかやれないか、なーーんて考えるヒマがあるなら、やってみるもんなんだと実感しました。悩んでいるってバカバカしい。

そういう考え方になれたのは、、、、

「自己実現なんてカンタン。『やる』って『決めればいいだけ』なんだから」と教えてくれたピタゴラスイーツの店長である長谷川千恵さんのおかげです。

IMG_6477

この方で出会えたのも行ったこともないピタゴラスイーツさんのイベントに行くと「決めた」からです。

人に出会う前、どこかに出かける前には必ず自分で行く・会うという「決める」決断が発生します。

その「決める」ことを自分の中でやってきた結果が今です。

やると「決めれば」、実現するために自分の脳が動き出します。そうすることによってちゃんと結果がついてくるんのだと実感しました。

だからわたしの今年は「決」かなと。

とはいえ、「決めきれず」に後悔することも少なからずありました。

なので、来年はもう少し「決める」を極めていきたいと思います。

 

 

 

牡蠣のコンフィづくり

IMG_8789
毎年この季節になると友人のツテで三重県産の牡蠣を大量に購入します。

んで、作るのは牡蠣のコンフィ。

料理がプロ級に上手い悪友から教えてもらいました。

今年は牡蠣1.5キロを買って、調理して瓶詰め。

IMG_8796

オリーブオイル漬けとグレープシードオイル漬けの2本を作りました。

IMG_8798

両方とも1週間ほどで美味しく食べられるようになります。

オリーブオイル漬けは年明けに牡蠣のリゾットを作ります。ウルトラ級に激ウマです。

グレープシードオイル漬けはもう少し日持ちするので、ワインのつまみにする予定。

「牡蠣のコンフィ作ったよ〜🎶」と夫にウキウキと報告したら、なんと今週末から帰省する横浜の実家に持ってく?なんて言うではありませんか( ꒪⌓︎꒪)。

丁寧かつ固くお断りしました。

食べられてなるものか。

独占して食べたいくらいなのだから( ̄▽ ̄)

できあがるまで味見警報発令中です。

備忘:奥飛騨旅行の改善点

「カイゼン」って書くと、なんだか仕事っぽい( ꒪⌓︎꒪)

だけど、忘れないうちに留めておこう

(1)ワイドビューひだのお得きっぷ

IMG_8819

グリーン回数券を発見。これはお得なので次回はこれで行こう。普通車はうるさい外国人観光客多し(別にこれが悪いわけではないが、静かな環境のほうがよし)

(2)マスクが必須

列車がディーゼル車両なので車内にガソリンの臭いが入ってくる( ꒪⌓︎꒪)。このガソリン臭の防止用

(3)服装は薄着がベター

IMG_8817

車内の設定温度が高い。ほとんど観光しない(=外に出ない)ので薄着で十分。

(4)水分補給

水を買い忘れたら、途中 ものすごく足が浮腫んだのでやっぱり水分は必須。車内販売がないのでキヨスクで買うべし。

(5)コーヒー厳禁

車両が揺れる。加えて帰りは山から降りるためブレーキをかけながらの走行でより酔いやすい。コーヒー飲んだら途中で気持ち悪くなったので、次回からはやめよう。

(6)特急の時刻

行きは9:30発。帰りは12:30で十分(11:30の名古屋行きでもよさそう)

 

毎年恒例の奥飛騨温泉で一年の疲れ落とし

IMG_8733
毎年12月の最終土日は奥飛騨温泉郷に行くのが我が家の恒例となってます。

さすがに愛娘犬さくらは家でお留守番です。今回は初めてペットシッターさんにお願いしました。

さて、奥飛騨へは電車です。我が家の車はスタットレス履いていないため。名古屋から高山まで特急ひだで2時間半。

IMG_8733
高山からはレンタカーです。例年 高山駅に降りると雪で真っ白なはずですが、今年は雪がない。なんだか旅情が薄まる感じが…。でも、ドライバー(夫)にはありがたいらしい。

IMG_8733
奥飛騨温泉郷は、高山から車またはバスから1時間くらいです。

さすがに温泉郷に入ったら雪景色でした。これでも雪が少ない。

IMG_8733
奥飛騨温泉郷というのは、平湯温泉・福地温泉・新平湯温泉・栃尾温泉・新穂高温泉の5カ所の温泉群の総称です。

岐阜県出身のわたしにはよくわかりませんが、全国的には秘境・秘湯のイメージがあるとか(横浜出身の夫談)

私たちがお世話になる宿は、福地温泉内にある「元湯 孫九郎」さん。かれこれ10年近くお世話になってます。

IMG_8733
建物は写真の通りとても立派。館主は元々築養蚕農家を営んでいたらしく、築150年の建物には重みと温かみ、それに素朴さも感じられます。

IMG_8733
今年大改装をしたとかでモダンな飛騨家具を用いたサロンもありました。この場所は位置的に風呂上がりの集合場所になります。

IMG_8733

そして温泉。何と言ってもここは温泉がよいのですよ。温泉が加水・加温などしない源泉100%掛け流しが自慢のお宿。

IMG_8733
露天風呂はこんな感じ。毎年 雪を見ながら、ぼー、と過ごします。魂が抜けます
IMG_8733
内湯は今夏 大改装をしたそうです。これにはびっくり。内湯は「美人の湯」と言われてます(ナトリウム炭酸水素塩泉)。

IMG_8733
檜の香りがなんとも言えずよかったです。

お料理は、広間で食べます。テーブル間隔が広いので隣のグループは気になりません。お料理は岩魚などの川魚や地元野菜、五平餅など地元料理が中心です。
IMG_8733
毎年 楽しみにしているイワナ

IMG_8733
若女将手書きのおしながき

IMG_8733
五平餅は味醂が効いているので日本酒とよく合います。

IMG_8733
その日本酒がこれ。

毎年 必ず飲むイワナの骨酒。ノーメイクですいません。

IMG_8733
イワナの徳利にイワナが入ってます

IMG_8733
今年は利き酒セットまで飲んじゃって

IMG_8733
IMG_8733
まー、よく飲みました。

毎年一番風呂に入りたいので、チェックイン15時前に来て、風呂→昼寝→ご飯・酒→寝る→深夜に風呂→寝るという、だらけた時間を過ごします。一年の疲れを落とします。

とはいえ、わたくし、やることが山積みなのでパソコンを持ってきました。

IMG_8733

が、魂が抜けているので使わず仕舞い( ꒪⌓︎꒪)→かなりヤバイ。

ところで気になるお値段。

こんな立派な温泉と豪華なお食事ですが、この年末年始シーズンでも一人一泊20,000円以下!

このコストパフォーマンスの高さも気に入っている理由です。

館内は、本館と新館があり、本館は木造建築なのでお子様NG。わたし達夫婦は毎回本館に泊まります。

IMG_8733
部屋にはこたつ!

IMG_8733

周辺観光は、飛騨の小京都と言われる高山や新穂高ロープウェイなどあります。

私達は10年近く通っているため、観光は行き尽くしました。チェックイン・チェックアウトに合わせた電車を予約してます。

せっかく遠出をしたのだから、、、なんて声も時に聞こえてきますが、目的がないままダラダラとした時間を過ごすのは嫌いなので、用が終わり特にすることがなければ、さっさと帰ります。

何と言っても愛娘犬さくらが待ってますし。

IMG_8508-0

ペットシッターさんからの電話では昨日の夜はトイレもしたし、ご飯も完食したけど、今朝はご飯を食べなかったと聞き、バカ親は心配でそわそわしてます。

普段 一緒にベットで寝ているのに昨夜はゲージで一晩過ごしたので心細くなったのかぁ。

温泉にも入ったし、岩魚も食べたし、酒も飲んで満足したので、早く帰らねば!

 

【開催レポ】「女性は美しくなければ人ではない」森田要さんによる「ヘナと髪のお話会」

IMG_8733東京・表参道のヘアサロン「Kamidoko」のオーナー兼美容師であり、日本におけるヘナの第一人者 森田 要先生による「ヘナと髪のお話会」の開催レポです。

わたしが受けた「衝撃」「笑い」「驚き」それに「発見」をやっとみなさまにお届けできました。参加してくださった皆様ありがとうございました!

IMG_8731

ひとりひとり先生から髪質チェックとアドバイスがありましたよ。わたしは「雑巾」と言われましたけど、参加された方の中には「う○こ」と言われた方も( ̄▽ ̄)🎶 → この方、ムッチャ嬉しそうに「わたし、う○こって言われました〜」と報告してくださいました(笑)

(注:写真の方ではありません)

IMG_8735

髪質チェックタイムは、ドキドキした方、納得した方、安心した方、ウルっとした方それぞれ…でしたねえ。

なぜならば、髪を通して、その人一人ひとりの「美しさ」はもちろんのこと「生き方の『質』」をを上げてほしいという先生の思いが伝わってきたからだと思います。

先生はマジで口は悪いですけど、その中には出会った方々への感謝と愛があるなぁと感じました。

IMG_8749

先生の話は「『美しさ』という解釈もしくは定義のあり方を考え直す機会になるのだと思います。本質に触れるというか真理に行き着く感じですかね。

先生は美に対する意識が相当強い。「女性は美しくなければ、人ではない」と、きっぱり。

ではその「美しさ」とは何なのか?

それは、その人が持つ本来の美しさです。モデルやタレントなどを使った雑誌が作った「作られた美しさ」ではなく、ひとりひとりが生まれた時から持っているもの。

真っ黒な髪、毛量、癖っ毛、縮毛、直毛……白髪についても、わたしたちはこーいう髪質を「好き」と思ったことはないと思います。憧れるのはハリウッド女優や海外モデルの栗毛のストレート。少なくとも私は黒くて毛量が多くて直毛の自分の髪が嫌いでした。

だから、カラーリングやエアパーマ、ストレートパーマにしてもらうため美容院に通ってましたねー。

でも、森田先生は違うのです。くせ毛が嫌という方に「そのくせ毛、とっても素敵じゃない。何が悪いの?ハリウッドに行けば皆んなくせ毛よ」と。

IMG_8728

マイケル・ジャクソンを例えにしてましたね。ジャクソン5時代と死ぬ間際のマイケルとどっちが素敵?と。

だから、くせ毛なんて全く変じゃない。日本の雑誌が変だって言ってるから。美容師さんに何の根拠もなくストレートにしたほうがいいねって言われちゃって、刷り込まれちゃっているのだと。

それに金額換算もして考えさせるのが先生の視点。インドの会社に対して億円単位の投資をしたとか言うていたんで、そーとーやり手の経営者に違いないと、私は読みました。

美容院代にいくら払ってきたのか?と考えさせれたわたしたち。わたしの場合、これまでの美容院代を金額で出すと、月1回、1回が1万数千円なので、年間15万円。その習慣を20年続けているから、300万円を美容院代として使ってきたことになります。

この300万円を何に使っていたのかというと、体を悪くするために使ってきた もしくは、白髪を増やすために白髪染めしてたのですけどね(; ̄O ̄)

考えたこともなかった視点で刺してきますよ。ズバっと。グサッと。

カラーリングやパーマとは隠す(=うそつき)とも言う先生。隠すのではなく受け入れる、共存なんだと。ヘナはその共存を手助けできるんですよ、という説明。

そのヘナ。先生曰く「究極のトリートメント剤」であり「育毛剤」であり「抗酸化剤」なんだとか。なんと!免疫力アップにも効果的。

IMG_8759

Kamidokoのお客様で臓器移植後、免疫抑制剤と飲まれた方がヘナを取り入れたことによって薬が効かなくなったのだとか。つまり免疫力が上がってしまったらしい。

数値的にも根拠があそうです。

数値が高いほど水質が汚染されることを示す「酸化還元電位計」+200の水の中にヘナを一滴入れるだけで、電位計が「0」になるくらいの威力があるんだとか。

IMG_8729(持ち上げられないくらいあったヘナは全て完売)

ちなみにもう少しヘナを入れるとその数値は△200まで低下。これは地球が誕生した時の水質と同じと言われる数値なんだそうです。もしくは羊水とも同じらしい。

そんな効果まであるんかいな?と思ったくらいですが(信じるか信じないかはお任せします)、合成染料がよくない理由は、そりゃそうだよね的な頷くしかない。。

・頭皮は毛穴も大きいので経皮吸収率は高い。
・頭皮から吸収された合成染料は毒性があるので、体内解毒を司る肝臓に行く。
・肝臓でも処理しきれないので肝臓の免疫システムが破壊され、肝硬変や視力障害、生殖器に影響。
・生殖器に影響がでるということは胎児にまで影響を及ぼすということ。つまり遺伝子レベルまで悪影響がでる

加えて「老化促進剤」とも( ꒪⌓︎꒪)( ꒪⌓︎꒪)

東京の有名病院でも調べた結果、合成染料を使うことで、血中変化(悪化)が見られるという検証結果が出ているのだそう。

それ以外にも自然派を自称する人々にも突っ込んでましたわ。特に石鹸シャンプーについて。

石鹸シャンプーを使っている人は、「臭い」からすぐわかるって言ってましたし、環境に対する視点も狭いと(書くと長くなるので割愛。もう十分長い)。

(ちなみに石鹸を使うと「臭くなる」理由は、先日受講した本橋ひろえさんの「ナチュラルクリーニング講座」でも化学的視点で同じような説明がありましたよ)。

美容師として30年以上、髪を扱うという仕事の中で「自分のお客様は人ではなく髪の毛」という先生は、ヘナを勧める理由に、使い続けることによって髪質が変わる(=生き生きする)。

髪質が変化することによって、人生も生き生きすると力説。

「髪はエネルギーなんですよ」と先生。人相学上でも髪は「多くてたわわ」な方がよいのだそうです。「人は見た目が9割とか言うけど、10割。そして人の視線はまず髪に行く」とも言ってましたね。

人相学まで出してくるなんて、視野が広い先生ですわ。経済学的なお話もあるので、全然 聞いてて飽きないどころか面白ろおかしく話すのでみなさん抱腹絶倒です。

(この本が最近のお気に入りだそうです)

IMG_8740

色んな話題を持ち出して、面白おかしく毒舌全開で話す中にもあるのは、

「髪とは本来もっときれいなもの」

「髪を美しくすることで、一人ひとりの人生も美しくなってほしい」

「美しさ」とは、誰かが定義した美しさではなく、自然が織りなすのと同じ「本来の美しさ」

その「本来自分が持っている美しさ」にもっと自信を持ってほしい

ということではないかと感じています。

ヘナの魅力にとりつかれたものの、ヘナの塗り方について実演がなく、みなさん使ってみたいけど、どうしたらいいもんか…。という印象でしたので、次回以降のお話会は実演も入れたいと思ってますし、名古屋ヘナ塗り会を開催して、みんなで美しくなっていきたいと思います。

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!

そして、次回のお話会は3月14日(月)15:00〜と18:00〜を予定しています。

2回目の方も初めての方もご参加お待ちしていますね!