【開催レポ】自分の中にある宝物を取り出す時間〜長谷川千恵さん1Day ワークショップ

IMG_8437
昨日開催したピタゴラスイーツ店長 長谷川千恵さんの1Day ワークショップ開催レポです。

場所はいつも場所で(隠れ家と呼んでます)。シンギングボールも大活躍。

IMG_8410

紅葉が1ヶ月前に比べると見事でしたねえ。

IMG_8395

今回は3名様がご参加。少人数で1日がっぷり(?)セッションできるのがいいです。今回は私もできるだけ参画させてもらいました。

IMG_8413

参加されるメンバー毎に中心となるテーマが変わってきます。今回のテーマは

「最大の恐怖は幸せになること」

だったように思います。幸せになるための魔法の言葉を唱えましたけど、一緒に唱えたわたくし、、途中で写真を撮ったらね、千恵さんに「逃げた」と言われまして、再度 唱え直したら心の中がざわざわしました。

なぜ幸せになりたくないのでしょうね?

悩みがあるのが普通なので、悩みがなくなったら不安に襲われるから悩みを取っておきたいのだそうです。

その証拠じゃありませんけど、幸せにならないための言葉を唱えたら、わたくし随分 気持ちが軽かったです。

わたしって幸せになりたくないんでしょうか・・・( ̄▽ ̄)

そんな風に一旦 自分を内観する時間が千恵さんのワークショップなんです。日常に追われていると自分自身のことを「振り返る」とか「止まる」ってことしませんからね。

主催させてもらっていますが、このワークショップはワシャワシャと全力で全身の車輪を動かすクセのあるわたしにとっても貴重な時間になってます。

IMG_8409

千恵さんはいろんな経験をされていますが、そこからのアドバイスとかはありません。千恵さんが発する言葉は「どうしてそう思うの?」「本当にそうなの?」が多いです。つまり、参加される皆様はひたすら

「自分自身に問いかける」「自分自身と話す」

ことになります。

正直 割としんどい作業です。人や環境のせいにする方が手っ取り早いし楽ですからね。でも、そうすることで、自分の中にある宝物を取り出すことができるのだと思います。

IMG_8429

自分の中の宝物も人それぞれです。わたしの場合は「自分が自分を認める」ことかなぁと漠然に考えてます。人目を気にしたり、人に評価されることで自分を認めてきた人生を長く送ったことに最近 はたはたと気づいたので…。人の人生を生きているのであって、わたしは実は自分のための人生を送っていないと最近 痛感しているのです。

昨日はね、前回の反省を生かして空間作りに力を注ぎました。って、食器を持ち込んだだけですけど。やっぱり紙コップや紙のお皿って味気がなく雰囲気台無しですから。

お茶とお茶菓子は前日 京都・宇治の「寺島屋彌兵衛商店」さんで購入した玉露と抹茶の豆菓子。

IMG_8402

お昼ごはんは、なんと千恵さんが作ってきてくれました。

IMG_8417

おにぎりと重ね煮で作った味噌汁。白菜の浅漬けとこんにゃくの煮物。シンプルなご飯だからこそ、染み渡るものがあります。

デザートはピタゴラスイーツのオーナーパティシエ山﨑友紀さんが作った抹茶マフィン。

IMG_8423

手作りって、その人の時間をパワーが注がれているので「氣」が移りますよね。だから美味しい。

ちなみに抹茶マフィンの乗せたお皿は、わたしの父が作ったものです。場違いなノリタケのコーヒーカップは、結婚する時に母がもたせてくれたディナーセットのひとつです。

参加された方は、すごく疲れたと思います。頭で理解するのではなく自分に問いかける作業って疲れるのですよ。古い思考が出ていっている証拠ですね(*^^*)

IMG_8422

自分に問いかけるからこそ見えてくるものは計り知れないのですよ。

わたしはそれで1年前と大きく人生が変わりましたから。

参加された皆さんがこれからも自分に向きあうことで「未開拓な自分」に出会い豊かな人生を送られるますように。

ご参加ありがとうございました!

IMG_8426