【開催レポ】卵も牛乳も使わない!?米粉シフォンケーキ講座

IMG_8487
昨日 開催したなちゅらる・ベジキッチン 柳田かおりさんの「米粉シフォンケーキ講座」の開催レポです。

卵白で作るメレンゲがポイントのシフォンケーキ。

卵を使わずしてどうやって作るんだ?という謎が昨日 解き明かされました。

なんとメレンゲを作るのは「豆乳」。これも豆乳の大豆固形分のパーセンテージが重要なんだそうです。

IMG_8471

それをハンドミキサーで泡立てて(ハンドミキサーの速度も重要)、メレンゲを作ります。

米粉の種類にもポイントが。製菓用米粉だけではちゃんと膨らまないみたいです。そこは試作15回を重ねてシフォンケーキを完成させたかおり先生の微調整が効いています。

IMG_8453

かおり先生の講座でいいのは、応用レシピがいただけること。今回 作ったのは紅茶のシフォンケーキでしたが、応用レシピには黒糖、抹茶、ココアシフォンケーキが載っていました。なんかお得感があるんですよねぇ、この方の講座は。

もう一つ、作ったのは「なちゅらる・ベジキッチン」人気No.1の「米粉のキャラメルナッツとショコラのミニパウンドケーキ」

IMG_8482
これ以前 試食させてもらったとき、美味しくて美味しくて、今回このレシピがゲットできて、あたしゃぁ〜はとても幸せです(*^^*)。これは早速 作りたいと思ってます♡

IMG_8456

このケーキも勿論 卵と牛乳を使っていないのですが、ものすごくコクがあるんです。

そのコクの謎は「プルーン」

わたしは完全マクロビではありませんが、マクロビのお料理やお菓子って、動物性の代用品で色々使います。それがまあ健康的健康的。いろんな栄養を摂れるのがいいなあと思います。わたし、栄養価が高いとどれだけ言われてもそのままのプルーンは食べられないので、こういう使い方ができるのは嬉しい。

かおり先生のレシピは、基本 ドライと呼んでいる粉類(米粉など)とウェットと呼んでいる液体のもの(豆乳、メイプルシロップなど)を混ぜるだけなので簡単です。

IMG_8484

これは「できるだけ手間を省きたい」という大阪の受講生さんのためにかおり先生が考案されたのだとのこと。

大阪のみなさんに感謝ですね(笑)

前回も思いましたが、かおり先生の「米粉」に対する探究心はともかくすごい。まあプロなんだから当たり前でしょう〜とかおり先生自身はサラっと流しますが、米粉って小麦粉の比べて『クセ』が強いのだそうです。

IMG_8469

その代表格が「水分量」「粉砕法」。先生は新しい米粉を見つけるとメーカーに粉砕法を問い合わせるのだそうです。

問い合わせて、答えてくれる会社と答えない会社、両方あるそうな。答えてくれない会社って一体 どうやって作ってるんでしょうかねえ〜_φ( ̄ー ̄ )

さて、昨日の講座には、マクロビスイーツ界の神、ピタゴラスイーツのオーナーパティシエ 山﨑友紀さんも参加されました。

かおり先生は友紀さんの大ファンで、友紀さんの本はビロビロになるまで使い込んでいるとのこと。私が友紀さんの申し込みを連絡した時、かおりさんは夕食後 くつろいでいた時間だったそうですが「飛び起きた」と言うてました( ̄▽ ̄)。

講座そのものより、本にサインもらわなきゃと大騒ぎだったそうな(笑)

IMG_8495

でも、友紀さんに注目されるなんて、かおりさんすごいなぁって素直に思いました。

そのかおりさん、無事 本にサインをもらえて2ショット写真も。よかったですね。

IMG_8496

今回のスイーツ講座で驚いたことがひとつ。準備の大変さです。当日は12時開始だったのに、かおり先生の待ち合わせは8:45。早っ( ꒪⌓︎꒪)とも思ったのですが、理由がよぉ〜〜〜く、わかりました。

IMG_8449

お料理・お菓子教室って準備がすごく大変!!(; ̄O ̄)。朝一番から始めた準備は、開始時間ギリギリまでかかりました。かおり先生は、この準備に加えて材料の計量もしているわけで、お料理・お菓子教室 講師のご苦労を垣間見ました。

IMG_8448

見えないところにも手間をかける・・・それがプロなんだなと。勉強になりました。

次回の米粉シリーズ講座は、5月にパン教室を開催します。ご興味ある方、ぜひ遊びにきてくださいね。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!
ぜひ、作ってくださいね!

IMG_8492