生まれて初めて化学が面白い!?と思ったナチュラルクリーニング講座

IMG_8643
今日を受講した堀内瑠美さんが主宰する朝型美人塾の講座で本橋ひろえ先生「ナチュラルクリーニング講座」参加レポ。

一言では言い表せないくらい深いし面白かったし、脳みそを休ませる時間がないくらい濃かったです。

IMG_8654

まず、最初のつかみはこれ。

「みなさん洗剤を食べているんですよ」

洗剤って泡が消えてからも残っているのだそうです。ひろえ先生は学生時代、実験用の試験管を泡が消えてから15回も洗っていたのだとか。それくらい合成洗剤を洗い落とすって大変らしい…。

そんな刺さる冒頭で始まった講座。

一方でナチュラルクリーニングとは、キッチンにあるような「食材」を使った掃除法・洗濯法

なんと「重曹」「クエン酸」「消毒用エタノール」「せっけん」「過炭酸ナトリウム」の5種類だけで、

フローリング、トイレ掃除、シンク、排水口、換気扇、風呂場など家中を掃除・洗濯できてしまうというもの。

ひろえ先生は敢えて「洗」の「」を「食」の「」と表現されていました。

わたし洗剤コレクターで、ちょっと前に全部引っ張り出したらこんなんありました。すでに捨てましたけどね。

IMG_6606

講座では、具体的な掃除方法に入る前にまずは、汚れを落とすメカニズムや酸性・アルカリ性とは?といった化学と理科のお勉強のおさらい。

って言っても、わたしは記憶をどれだけ遡っても理科・化学・科学といったものに興味を示したことがなければ、成績がよかったなどの思い出がないので新たな気持ちでお勉強…。

(実験もしましたー)

IMG_8660

界面活性剤が入った市販のタイプ別洗剤を使わずとも、酸性の汚れにはアルカリが、アルカリ性の汚れには酸が効くというセオリーを理解しておけばよい、というお話。あら、バケガク嫌いなわたしでもわかる。

改めて考えてみれば公式?数式がある化学なので、ちゃんとセオリーがあるんですよね。

そのセオリーに照らし合わせながら、掃除や洗濯をするというよぉ〜くよぉ〜く考えてみればシンプルな考え方なのかなぁと思いながら聞いてました。

学校の授業もこーいう視点で教えてくれればよかったのにって、それで勉強する気になれたかどうか不明ですけどねぇ〜( ̄▽ ̄)。

IMG_8674

話を戻して。

一番 勉強になったのは「汚れの性質の見極め方」。なるほど!なるほど!と唸りました。家の中には色々な汚れがありますが、結局は酸性とアルカリ性の2つに層別されます。

業者に頼んでも落ちない我が家のお風呂の汚れは何なのか?も深く納得。

そんなガンコな汚れくんたちが食べても(=肌についても)大丈夫な洗で落ちる!
(毎回お土産でもらえるナチュラルクリーニングセット)

width=”300
やらないわけにはまいりません。それに、そもそもひろえさんは、ナチュラルクリーニングのメリットは、手肌・ペット・地球に優しいのもあるけれど、場所別の洗剤を揃える必要がなく、なによりも「ラクチン、手抜きができる掃除法」なんですよ!と。

わたし、掃除は嫌いなのでラクチン・手抜きができるという謳い文句にも惹かれましたけど、何よりも「原因と対策」がものすごく簡潔で論理的で興味深いところに食いつきました。

理科の勉強を卒業して27年。化学の実験を生まれて初めて楽しめそうです。。

講座では、汚れの性質を見極めた上で、洗剤別の特徴と使用例を事細かく教えていただきました。

この内容が細かい!ひろえさんの脳みそを開いて見せてくれたような内容で知見と経験がギュッーーーーーと詰まってました。


集中力を切らさずして、一言一句逃してなるものか的な内容で、テキストはメモメモだらけ!!

このメモ、一度 整理する必要があるな。早めにやらないと忘れる可能性が高い…。

一応 帰りの新幹線の中で「これ、マトリックス(表)でまとめられないかぁ」って考えてみたんですけどね、ここから先やるかどうか…( ̄▽ ̄)


これでも午前中の掃除編だけなのよ。

お昼は会場近くの朝型美人塾御用達(?)の近江野菜のレストラン。ピタゴラ友人のさえさんも今回 一緒だったので心強かった^^

IMG_8662

偶然にもひろえさんの隣に座りましたが、皆さん質問攻め。わたしはナチュラルクリーニングはド素人なので、皆さんの質問力の高さにただ黙って聞いてるだけ〜。

午後は洗濯編。

洗濯編は、掃除編より正直 高度でした。掃除編より、より復習が必要です。でも、これも掃除編と同じで洗材の組み合わせなどのセオリーというかパターンに慣れてこれば難しいことではなさそう(なはず)。

それにしても、よぉ〜くよぉ〜くわかったのは、市販の洗剤が、、、肌によくないものだということ…( ꒪⌓︎꒪)

それに普通の洗剤とオシャレ着洗いの洗剤に大差はないのだそう。あまり書けませんが裏情報も満載でしたよ…。

あんなこともこんなことも聞いたので、今すぐにでもナチュラルクリーニングで洗濯したいところだけど、まず、洗濯機をナチュラルクリーニングしないといけないので、そこからですな。

本格的な大掃除シーズンを前に開催されたこともあるので、今年は毎年 後ろ向きな大掃除をやってみようかと。まずは材料を発注せねば!

IMG_8670

最初はもちろん、さくらが舐めるリビングのフローリングから!

IMG_7020

さくらが洗剤を舐めてる!と思ったら気が気でなりませんもの!!

夫にナチュラルクリーニングでフローリングの拭き掃除をしたいから、リビングの家具の大移動を手伝って、と言ったら二つ返事でOK。

「さくらのため」は我が家の葵の御紋でございます(笑)

最後にひろえ先生、瑠美さん一日ありがとうございました!