【開催レポ】人間をやめる!? 1/26 長谷川千恵さんワークショップ

IMG_9508
1月26日にピタゴラスイーツ店長であり、わたしのメンター(勝手に決めてる)長谷川千恵さんのワークショプを開催しました。

会場はいつもの場所〜🎵 前々日の雪がいい感じに残っていました。

IMG_9487

それに毎回 このWSは雨模様ですが、今回は超快晴!前日・翌日なら曇だったので「『粋』な計らないだよね、自然ってさすが♪」と千恵さんと事前打ち合わせという名のモーニングを食べながら話しておりました。

IMG_9466

今回ご参加くださったのは4名の方。埼玉・千葉からもご参加くださいました。わたしは長谷川千恵さんという存在を広く知らしめたいと思っていますが、じわじわと伝わり始めているこの感触に心の中でガッツポーズ(笑)

IMG_9470

千恵さんが伝えてくれることは、とてもシンプル。

なりたい自分になるのではなく、今ある自分を育むことの大切さです。

最近 よぉ〜くSNSなんかで踊ってる「愛されるための○○レッスン」とか「○○になるための成功法則」とは違うのです。

なりたい自分になるために外側を整える(方法論)のではなく、ちえさんは自分の内側を整えましょう(本質論)と説きます。

どうやって、内側を整えるのか?

「自分のいのちを喜ばす」こと。それだけ。

「自分のいのちを喜ばす」ことができれば、

ー 人と比べることもなくなり
ー 言い訳することもなくなり
ー 自立するので、人と争わなくなるし
ー なりたい自分になれるというか自然になっていく

という千恵さん。もっと簡単に言うと「人間をやめるってことね🎵」と_φ( ̄ー ̄ )

内側を整え極めていくことで「何者かにならなくても」、「自分を選択できる自分」になり、本当の意味での「自立(=自分で立つ)ができる」と。

言葉に書くと哲学的で難しいかなあ。その場で聞いているとひとつひとつの言葉が当たり前すぎて納得するしかありません(笑)

IMG_9469

なりたい自分になるために外(他人)に情報を求めすぎという点は、最近の私自身にも大きく当てはまっていました。内側(自分のこころ)を置き去りに動いていると物事はうまくいきません。

今やろうとしていること、やっていることは、自分のいのちが喜ぶことのなのかどうか。

IMG_9506

何かを成すにあたっての心のあり方を考えさせられます。

当たり前といえば当たり前ですが、その当たり前を行うのが中々 難しい。

でもそれは単に自分への言い訳なんですよねぇ。

参加された皆さん、自己紹介を交えながら自分の心の内を話されます。揺れる気持ち、ダークな心の中も話されるのですが、ちえさんから返ってくるあまりにもシンプルな言葉に一瞬 言葉を失い、そして「あ、そうか」と思い出したような顔をされます。

IMG_9477

忘れていた心の奥底の扉のボタンをポチっと押してしまうのでしょうね。扉を開けてスッキリとした笑顔になります。

なんと説明したらいいのかな?(ドロドロした場所から)抜けた」という感じ。

結局という言葉は似つかわしくないかもしれませんが、人生を長く生きてきたことで色んな経験もするんですが、その経験などによって色んなことを考えすぎているのだと思います。

考えすぎることが当たり前になってしまい、何かするにしても「深く考えなければならない」という呪縛に陥って、一番 大切なことを忘れているように思います。

まあ、その代表格がわたし自身なんですけど…。

その「忘れてしまっている」一番大切なことを思い出せせてくれるのが千恵さんなんですねえ。

IMG_9472

そして、その大切なことをどう育てていくのかも^^。

千恵さんの話は自然の運行と重ね合うので、いつも会場となっている自然からも教えられることが多いです。

今回は天気にも恵まれたので、ちょっとお散歩もしました。近くに移築した合掌造りがあります。

IMG_9489

お散歩もしながら、突然 千恵さんが木に耳を近づけて叫ぶ。

「木が水を吸い込んでいる音が聞こえるのよー!」と。

IMG_9503

確かに耳を当てると「コポコポ」と水を吸い込む音が聞こえました。冬の木は葉が落ちていて枝しかないんですが、ちゃんと春に向けて準備しているんですね。根っこにエネルギーをちゃんと溜めているんです。

「自分の中にも春夏秋冬があるのよぉ」と千恵さん。「自然は『待つ』の。だけど人は待てない。『待つ』ことの豊かさを感じましょ」とも。

新幹線からの景色はすぐに過ぎ去って思い出せないくらいだけど、鈍行列車からの景色は情景がありますもんね。

IMG_9497

生きる上での豊かさとは何か?と教えてもらってます。

お昼ごはんは、今回も千恵さんの手作り弁当。手作りのあったかさって和みます。ポカポカな陽だまりを感じながら縁側でお昼ごはんなんて幸せ〜♪

IMG_9486

こういうことが「いのちを喜ばす」こと。

楽しいって誰からも教えられたわけでもないのに、楽しいことは楽しいって知ってる。

だから方法論ではなく、本質論なのです。

千恵さんの話を聞いていたら、私は自然を感じたくなって、お天気の良さも手伝って目の前の庭を裸足で歩いてみたりしましたよ(←主催なのに)。土の上を歩くなんて久々すぎて何とも言えない気持ちよさがありましたん。

IMG_9478

デザートはもちろん、ピタゴラスイーツのオーナーパティシエ 山﨑友紀さん作。今回はブルーベリークランブルマフィン。

IMG_9514

友紀さんのスイーツは「いのちをいただく」という言葉がぴったり。素材たちからエネルギーをわけてもらってるなぁといつも思います。

このような「いのちを喜ばす」ためには、常に「五感を開いておくことが大切」と。

以下 当日 配布した千恵さんの言葉の抜粋

五感を開くことで直観が磨かれ、ミ(身)につけ、癖にしていくことで

生きることをより丁寧に生きる。

さらにシンプルに生きる。

丁寧に生きることが日常のグレードを上げ、真の豊かさを知る

真の豊かさは…向こうからやってくる。思う前にやってくる。

思いもよらないところからやってくる。

それを受け取るためにも、常に自分のいのちを喜ばせること。それにいのちの時間をかけること

美意識高く、質を高め、センスよくいること

繋がってきたいのちを繋がっているいのちのど真ん中のわたししかできないこと

今 与えられている自分のいのちのおざなりにしてはいけないなー。もっと楽しませてあげようと思った時間でした。

IMG_9494

ご参加くださったみなさまありがとうございました。

「ピ」と閃いて「決めて」やってきた自分のいのちの直観を信じて、より五感を研ぎ澄ませ、日常からたくさんの「今を生きるエネルギー」を感じ受け取り、いのちを喜ばせてくださいね!

IMG_9515

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中