さくらが来て満2年

IMG_6970
本日3月1日はさくらが我が家にやってきた記念日です。

京都・宇治にある柴犬専門店でさくらを見つけました。

IMG_6970

わたしの実家は、ずっーーと犬を飼っていたので、結婚後 犬がいない生活が耐えられず、10年間毎日 「犬が飼いたい」と叫び続けていました。時には脅し、時には泣き…とありとあらゆる手を講じましたかね。

IMG_6970

そんなわたしを横目に夫は夫で動物を飼ったことがないためか、毎回 のらりくらりと無視。

それが、わたしが休職して抜け殻になってしまったことで状況が好転!?

IMG_6970
これはヤバイと思った(らしい)夫が2013年年初頃 ついに「 犬を飼おうか?」と。

京都のこの店はずっと前から目をつけてあったので、そうと決まるや否やホームページに載っていた子犬情報を見て、2月始め頃から一匹の子犬に目星をつけていました。

IMG_6970
しかし、この時期は夫自身が遠隔地への転勤の可能性もあったので、2月28日の内示日に辞令が出たら犬は飽きらめることと言われてました。

IMG_6970
犬舎のホームページでは飼い主さんが決まると「おうちが決まったよ」という表示がでます。

当時は毎日毎日ホームページをチェックして「まだおうち決まってない。よかった」とやきもきしてまして。

2月28日内示日、無事 転勤辞令はおりなかったので翌朝 京都へゴー!

お目当てのワンちゃんはまだいました。

が、夫がどの子がいいか一緒に指を指そうと言い出すではありませんか!

(どうやらその時に選んだ子が別々だったら、諦めさせようとしたらしい)

で、「せーの!」と言って2人がゆびを差したその先にいたのが

さくらです。

この子をうちに迎えると決めて、さくらをゲージから出してもらった時、お店の人が言った言葉が忘れられません。

「心臓の音を聞かせてあげてくださいね」

いい大人なのに店で大泣き。

やっと犬が飼える喜びとこの子の親になるんだなという責任感とでも言うんでしょうか。

「一生 守らなきゃ」

と思いまして。泣けてきました。

わたしは子供がいないからわからないんですけど、子供が産まれたときってこんな感じなんでしょうかね。

京都から大切に大切に連れて帰ってきました。

IMG_6970
あれから2年も経ったなんて早いもんです。

しつけ本の通りに育たなくて、育児ノイローゼみたいにもなりました。

夫は「この子が一番おとなしそう」と思ったらしいですが、まー、いたずらっこで、成長期で歯が痒かった時期は、夫のビジネスシューズの靴ひもや携帯の充電ケーブルはことごとく噛み切られていました。

IMG_6970
初めて動物を飼った夫は最初は恐る恐るでしたが、上述の色んなもの噛み切られ事件ではその都度ブチ切れていましたが、今では

「さくらを日本一幸せな柴犬にする」

と毎日 帰宅してはiPad片手にドッグラン・ペットホテル情報を漁り、結構な潔癖性なのに、さくらを布団の中に引き込んで一緒に寝ています。

IMG_6970
私達夫婦は仕事に没頭するタイプなので、さくらがくる以前は、よく家に会社モードを持ち込み、家の中の空気が張り詰めるなんてことがしょっちゅうでしたが、さくらが来たことで、そういった空気は一変しました。

毎日 かわいくて仕方のない屈託な笑顔を見せてくれる人(犬)は、家の空気をまろやかにします。夫婦の危機もこの子のおかげで乗り越えました(笑)。。

IMG_6970
大切な大切な天使ちゃんです。

目に入れても痛くないということわざ?がありますが、目に入れてでも連れて歩きたいと思うくらいです。

こんな感じでバカ親街道爆進中。

今日は、大阪でのグルコンの帰宅途中、さくらのためにタカシマヤで牛肉を買いましたとさ。

IMG_6970

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中