感謝できないことに感謝するのが本当の感謝

9448634069f3d3200f28cb7af996ab5b_s

会社を休職したことで「今の自分」を出会えたことはうれしいけれど、わたしを休職に追い込んだ上司たちを未だ許せないでいるし、顔も見たくない。

今日、数秘カウンセリングを受けたくださった方が私と似たような境遇の持ち主で私も自分の過去についてポツポツと話していたら、教えてくださった言葉がこの投稿のタイトル。

(どっちのカウンセリングなんだ?)

「ありがとう」とは「有難う」と書く。難しいことをしてくれているのだから、感謝をするのは当たり前。

だから「感謝できないことに感謝するのが本当の感謝」だと聞いたんです、と仰ってました。。

今日の方は上司のパワハラもどきをきっかけに自分の人生を考え、会社を辞めて独立されるのだけど、成功して上司にいつか「実はあの時ね・・・」と言いたいのだそう。

わたしもいつかそうなれるようになりたいね。

なりたいじゃなくて、なるのか。

2年以上経ってもまだ 当時のことを根に持っている自分がなんとも情けないと思わなくもなくはない。。。

まあそれだけ会社に心血を注いだということ。でも一方で卒業のタイミングだということも自分では気づいているんだけどね。

手放す「9」の年は、頭が中がグルグルします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中