Facebookページグループコンサル Day4


Facebookページのグループコンサル(グルコン)4回目。

(写真は主催の堀内瑠美さんから拝借)

アナログ人間には日々 進化するSNSの世界はついつい遠ざけてしまいそうだけど、「アナログ人間だからわからん」というのは、言い訳のような気がする。

学ぼうと思えばいろんな情報が入ってくるし、年齢という経験がうまく料理するようにも思う。情報過多で頭は痛いが…笑

このグループコンサルはマーケティング業界に長く携わった井上幸一郎さんが講師です。

Facebookというのはがひまつぶしに見るものと言い切り、

そのひまつぶしでみている人たちに対し、どうアプローチしたら効果的かを教えてくれています。

Facebookページは、ふらっと立ち寄ったコンビニの書棚でパラパラとめくっていたら目に止まった特集ページのようなもの。

なので、最初は目に止めさせるためのタイトルづくりから始めました。

マーケティング業界に精通している井上さんからのアドバイスやグループコンサルならではのディスカッションも功を奏し、タイトルを決めたあと、


どのように拡散していくのかの戦略を教えてもらいます。

Facebookページは、個人アカウントと違って広告料がかかります。なので、費用対効果を高めるたる策が必要なのです。

前回、策を講じたので、今日は井上さんからひとりひとりの状況を検証してフィードバック。Evernoteでも感じましたが、Facebookもご他聞に漏れず。

From海外のアプリはボキャブラリーの意味が難解です。

リーチとかマージャン用語かよ?→マージャンしたことないですよ。

ま、システム系の用語は全体的に読み手側になっていない難解なものですけど。

会社ではシステム屋と話すと「こんなこともわからないのか」と大抵 上から目線でよくムカついていました笑

井上さんは、そんな上から的なことは全く無く、用語説明やFacebookページの裏画面というか実務的に使用するページの読み解き方も丁寧に教えてくれます。

質問魔のわたしにも粘りづよく。

今日はFacebookページサイトの説明を交えながら、ひとりひとりページを検証してもらいました。
Facebookの世界はマッハレベルのスピードで進化しているので45歳のシステム苦手おばさんにとっては、全くついていけません。

独学でやっていたら、絶対理解できなかったパートや複雑な機能のポイントとなる「ツボ」が理解できるだけでもこのグルコンを受けてよかったなぁと思います。

また、マーケティング行動心理学とも思えるような顧客の心理や購買行動に至るまでのステップついても学べるので、わたしのような経理・財務屋で「モノを売る」ことをよく知らない人間にとっては新たな学びにもなります。

加えて、Web世界のトレンドも入手できるのも大きい。

やっぱり餅は餅屋ですな。

このグルコンも残すところあと1回です。今回の宿題は「投稿に広告を出す」。

さてはてどうなるか。

学びは楽しいですな。 学ぶというのは進化・進容なんだと実感するコンサルです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中