自分で見てみる、自分で考える

  久しぶりに買って読んだ「AERA」。

昔はほぼ毎週読んでいたけど、会社を休職してからはビジネス系の読み物は避けがちでした。

AERAの特集は毎回 目を引きます。編集者が相当敏腕なのがよくわかる(女性らしい。かっこいい。)

今回は「名経営者 仕事の哲学」

哲学って普遍的なもの。心得を取り入れたいと思って読んでみました。

沢山の経営者が語っていた中で多かったのはこの2点。

「自分で見てみる」

〜スマホで得られる情報は仮想現実でしかない。やっぱり自分でそこに行って確認することが重要〜

そうよねえ。インターネットもTVも雑誌も色々と教えてくれるけど、やっぱり現地現物に勝るものはない。自分の目で見て、肌で感じるってやっぱり大切よねえ。

ブログを読むだけでは人となりはわからない。やっぱり直接会える機会があれば(もしくは作って)会って、話しをしようと思いました。

もう一つは「自ら考える」

〜細かいルールは社員を自分で判断できないように仕向けている〜。という言葉が載っていて深く納得。

〜これからの時代は問題解決能力というスキルが不可欠なため自分で考えるという習慣が必要〜とも。

一時期ほどではないにしてもマニュアルちっくなことは多い。起業ワールドも習ったことを咀嚼せず、「そー習ったから」と受け売りで流している人も多い。習ったことを自分に当てはめたらどうなるのか?どのように活かせるのか?どう工夫したらよいのか?常に考える習慣をつけておきたいなと思いました。

いやあ、勉強になりました。さすがは名経営者。一言一句 しっかり読み込ませていただきました。ありがとうございました。

あ、備考欄に載っていた経営者が働く時間と睡眠時間。

働く時間 12時間以上が約9割

睡眠時間 6〜8時間が約9割

がっつり働き、がっつり寝る。がポイントらしい。。。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中