ぶっちゃけて言えば「面倒」を取るか「病気になるリスク」を取るかの、どちらか

あんまりこういう言い方をしたくないよーな気もいたしますが、

やっぱり声を大にして言いたいのは、

「いつまで石油でできた使い捨てナプキンを使い続けるの?」

IMG_4911

布ナプキンなんて、、、、

  • 血液のついた布を洗うなんて嫌だし、
  • 面倒だし、
  • 洗濯物としてぶらさがっているのを家族に見られるの恥ずかしいし、

等々の理由で今まで使い慣れた使い捨て(化学)ナプキンを使い続けているのもそれはそれでよいと思います。

でもその一方で使い捨てナプキンを使い続けることの弊害を考えてほしいと思って、「学校では教えてくれない生理の話」を開催しています。

私も聞くまでは知らなかった使い捨てナプキンの弊害・・・

  • 保冷剤と同じ成分でできているから子宮を通じて臓器を冷やしていること
  • 体を冷やしていることが生理痛だけでなく、様々な体調不良の原因になっていること
  • 化学製品でできているから膣周辺がかぶれやすくなっていること

などなど。

(ちゃんと実験もしますよ。皆さんいつもびっくりぽんな表情)

IMG_9405

使い捨てナプキンを使い続ければ、病院や薬局のお世話になることになりますけど、それでも使い捨てナプキンを使いますかーー?

と言いたい。

もはや健康保険は破綻寸前(いや破綻していると思う)。今後は医療費もきっと上がっていくでしょう。そもそも老後が心配な我が国日本。

食べるだけで精一杯になるかもしれないので医療費なんぞにお金を費やしている場合ではございません(実際に老後の生活で一番想定外な出費は医療費という結果も出ている)

だからといって、国に期待しても難しいのよね(と思う)。

なので、自分の身は自分で守らなければいけない時代だと思うのです。

メディアに感化されていても不安を煽られて、医者と製薬会社と保険会社が儲かるだけだと思いますもん。

まあ、どちらを選ぶかは個々の自由なので無理強いはしないですけど、目の前の面倒くささだけではなく、長期的視点に立ったメリットデメリットも考えてみてはどうかな?と思います。

明日 大阪で開催する「学校では教えてくれない生理の話」はまだ若干名 入れますので、ご都合良ければ是非聴いていただき、

「自分の体は自分で守る」

という意識に目覚めてほしいなあと思います。

<募集中>
4月9日(土)大阪 「母から娘に伝えたい生理のこと・女性のからだのこと〜学校では教えてくれない生理の話〜」

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中