【残席2】7/30 一生たるみ知らず!顔層筋メソッドセミナー

かお

7月30日(土)書籍「顔層筋メソッド」の著者であり、深層筋という言葉を世に広めた筋治療のプロ中辻正先生による顔層筋メソッドのセミナーのご案内です。

4月に深層筋リンパドレナージュセミナーを開催した際、参加者の方々から「ぜひ次は顔層筋を!」というリクエストにお応えして開催することになりました。

表層筋・深層筋とある筋肉の構造を理解しながら、お顔の奥にある深層筋にアプローチし、シワ・たるみなど顔のお悩みを解決します。

先生のセミナーは一般向けには開催しておりませんので、ぜひこの機会をお見逃しなく!お一人参加も多いので、お気軽にご参加くださいね。

シワができた、シミが消えない、輪郭が弛んできた・・・老化のサイン。いやですねえ。
それらを引き起こしているのは一つ一つの細胞の老化。そして、その原因となるのが、細胞に栄養を送り届け、老廃物を運び出す血管機能の低下…。

歳だから仕方ないと思いつつ、抗えるものなら抗いたいものです。

そこで抗える方法を教えてくれるのが今回の講師である中辻先生。

先生曰く「老化は避けらないものだけど、遅らせることはできる。そのために大切なことは『健康な血管を維持すること』」

 健康な血管を維持するためには、食生活の改善や運動、ストレスを溜めないというのもありますが、中辻先生が提唱しているのは『身体の柔軟性を高め、血液の流れをスムーズにする』
深層筋リンパドレナージュセミナーでも説明されていましたが、身体の柔軟性を失い、筋肉が硬くなると血管は圧迫され、血流も滞ってしまいます。
血流が滞ると更に筋肉が硬くなり、そして血流が悪くなり更に筋肉が硬くなる→たるみ・シワになるという悪循環にはまるのだとか
眉間に深く刻まれたシワなどは、高価なクリームをつけたり、ヒアルロン酸を注入することで一時的に薄れても、根本的な解消には至りません。
なぜならば、シワの原因は仕事中など絶えず眉間を寄せていた結果、表情筋が固まってしまったから。
顎の歪みや二重顎も長年のかみ癖や頬杖などによる筋肉そのものの硬化が原因。
だからこそ、筋機能(筋肉)に柔軟性を与えることが大切なのです。
とはいえ、今更どうすればいいのか?顔の筋肉ってどうやって動かしたらいいのか?顔の皮膚って薄いから、変に触ると更に老化を悪化させないという心配が・・・。
 そこで顔の皮膚にも配慮しつつ、顔内の深層筋をほぐすこと顔の筋肉・血管の柔軟性を高めるために生まれたのが今回の「顔層筋メソッド」です。
このメソッドは元々 体のコリ(肩こりや腰痛)を解消するため深層筋に着目した中辻先生の施術を受けられた女優さんが「体と顔はつながっているのだから、それって顔にも応用できるんじゃないの?」という一言から女優さんの顔を実験台?に開発されたのだそう・・・!
ともかくこのメソッドの特徴は、手の届きにくい深層の筋肉にアプローチすること。
私は先生の施術を3〜4ヶ月に一度受けていますが、先生の施術を受けると顔の筋肉がふわっふわっに柔かくなります。
写真ではこちらをどうぞ。この表紙の施術者が中辻先生です。
IMG_4184
深層筋までアプローチすると誰もが持っている筋肉の柔軟性を回復させることができます。それにより血管機能も維持・回復。それが各細胞の活性化へと繋がり、たるみやシワなどに効いてくるのです。
セミナーでは、実践だけでなく筋肉や血管の仕組みから見たシワ・たるみの原因を理論的にも説明します。この理論が中々にマニアックで面白い講義です。
IMG_0942
理論や原因を知るといいことって、原因を作らないよう自分で意識しながら防止できること。
未然に防止もでき、マッサージ方法も伝授されるので効果は2倍ではないかと・・。
中辻先生は、
「筋肉はいくつになっても若返らせることができる。
 どんな方でも確実に今よりもっと健康で美しくなれる」
というのがモットー。
ぜひ美容と筋肉の関連を体感してくださいね。ご参加お待ちしています!

 【開催概要】
日時:7月30日(土)13:30〜16:00
会場:名古屋市東区(お申込み後詳細をご案内します)
受講料:9,800円
持ち物:筆記用具、メイク用品(必要に応じて)
お申込みこちらをクリック(お申込みフォームにリンクします)
セミナー内容:
・老化とは?
・筋肉の老化と悪影響について。
・筋肉の構造について
・深層筋・顔層筋メソッドの理論説明
・深層筋・顔層筋メソッドの実習
講師:中辻正

img_0294

筋肉に着目した独自のアンチエイジング療法を開発。女優やモデル・著名人も多く通う東京青山のサロンを拠点に筋肉がいかに重要であるかの活動を行う。TV・雑誌への出演や著作も多数。施術をする中で使用する化粧品にも着目し開発。海外からも問い合わせが多く、バリの五つ星ホテル「アヤナリゾート&スパ」において採用。