お腹が満足する老舗三つ星料亭「京都 菊乃井」

ミシュラン三つ星。京都・東山にある老舗料亭 菊乃井の主人 村田吉弘さんは、和食が世界文化遺産になった際の功労者とも言われています。

その菊乃井、懐石でもお腹いっぱい食べて満足して帰ってほしいというのがコンセプトと聞いたことがあります。

確かにお昼の「時雨弁当」は高級料亭のお料理に抱く「とっても上品だけど量的に少ない」のとは違い、とってもボリューミー。

時雨めし弁当はとろろ飯の中に鯛(だったはず)の胡麻味噌和え(だったはず)とうずらの生卵が入ったご飯と海老しんじょうの椀物、松花堂弁当っぽいおかずがついてきます。

特に海老しんじょうのお出汁は最高。初めていただいた時、お椀の蓋を開けた瞬間の「ほわぁっ」と香ったあの感動は未だに忘れられません。

しんじょうはここ菊乃井がわたし的にはマイ・ベストしんじょうです。

写真がうまく撮れません。お腹いっぱいになります。でもこれで4,000円。

オプションでお造りをつけると5,200円です。今日は鱧の湯引きでした。京都の夏って感じですねえ。鱧って間違えると妙に水っぽかったり骨切りが下手だと口の中で変な違和感がありますが、さすが菊乃井。とっても美味しい鱧の湯引きでした。

高級料亭の味をこの値段で食べられるなら花マル◎。そしてお腹いっぱい食べられるので満足度は高いです。

この味を堪能すべくお酒を飲むため、わざわざ新幹線で京都に来て、一人で大瓶ビール一本を空けました(笑)。鱧につける梅肉ソースまでもがいいツマミになりました。

店内は、ミシュランで三つ星を獲得された頃は賑わっていましたが、さすがに落ち着いたのか意外とすいていました。

京都に訪れることがあればぜひご賞味あれ。

今日はわかりやすいアメブロマンツーマンレッスンとお片づけセミナーの大西 有佳里さんと妊活アドバイザーの笛吹 和代さんとご一緒に。

この3人で話すとビジネスネタ中心になりますが、今日は数秘ネタでも盛り上がりましたね。

二人とも【11】という巫女的数字を持っているので直感力が高い。「えー!そーなのー!?」と鈍いわたしは何回 言ったことか…。

お二人とはバーチャル(FB)でよく話しているけども、やっぱりリアルに会って話すのはいいなぁ。とっても楽しかったです^^