Out of sight, Out of mind

「視界から外せば、気に留めなくなる」本来の意味とは違うかもしれませんが、私なりのこの言葉の解釈です。


不安なことや気がかりなことがあると、いくらその思考を振り払って別のことを考えようと思っても、その不安ごとにどうしても戻ってきてしまい脳内を占拠されてしまう。

頭の中が不安や心配ごとでぐーるぐる。

そうならないためには、その不安や心配ごとを自分の目の前から消去するのが一番。そうすることで頭からその不安ごとがなくなるため、本来 考えるべき(考えたい)ことに集中できる。
と、軽井沢のミネママこと山下慶子さんに教えていただきました。

インテリアコンサルタントしてのポリシーの一つである「人生を設えるために家を設える」ことも私が今まで考えたこともなかった視点でしたが、ミネママは人生も仕事も広く深く経験されているので、その人生格言が豊富で意味深い

先月末 ご自宅を訪問しお話ししただけですが、ミネママとの出会いは確実に私の人生のステージが変わりつつあるなということを予感させるものがありました。

e98f7c0513b5ec168dfcd1fef287e847_s

私はフェミニストではありませんが、女性はもっと社会的に前に出るというか人生に能動的になっていいのでは?と思っています。

政治家や経済人など女性で活躍されている方は多くいらっしゃいますが、ミネママは社会的にも活躍されているにも関わらず(またその実績を自慢気に語らないのがさらに素敵)、まだ(ここポイント)私たちがお話しやすい立場の方。

そういう方が持つ空気に触れることってまずは大切だと思います。起業するとかしてないとか関係ありませぬ。これからの日本女性にとってのお手本のひとりがミネママではないか、とも。

この「Out of sight, Out of mind」の一言だけでも、私は自分の心の保ち方が楽になれましたから…。

ミネママの空気に触れる時間は10月19日に開催予定ですのでご興味ある方はぜひ。でも既に残席3です…。

【残席3】10/19 「人生を設えるインテリア」を紅葉美しい軽井沢で学ぶミネママ・風水サロン