化粧品の消費期限


昨日の受講したナチュラルコスメ講座にて何気なく小松 和子先生から出た一言。
(写真はこの講座の主催 堀内瑠美さんからお借りしました)

「化粧品の消費期限って考えたことある?」

心の中でつぶやく。「ないです…」

小松先生の言葉は続く。

「お化粧品はお肌につけるもの、つまり体の中に入っていきますよね? 食べるものと同じですよね?でも食べ物の消費期限には皆さん気を使うのに化粧品は?」

・・・。

がーん。

考えたことなかったわー。化粧品大好きな私の家。洗面所の3分の2は私が占拠(ちなみに下駄箱も同じ)

  • 洗面所には少なくとも3年以上前のアイシャドウとかいっぱいあるんですけど。
  • 化粧品マニアなので、そこらじゅうの化粧品屋さんでもらえる試供品がいっぱいあるんですけど。

小松先生曰く、ナチュラルコスメで3ヶ月。デパートなどで売られている一般の化粧品でも6ヶ月が限界なんだそうです。

私はあまり化粧品の成分について詳しく知りませんが、水や油がメインのはず。食べ物であれば、水は腐るし油は酸化する。

年月がたった化粧品は腐った水や酸化した油を食べているのとと同じ…。それらを防ぐために化粧品にも防腐剤(つまり添加物)がいっぱい入ってるのだそうです。

と聞いたら、いてもたってもいられなくなり、洗面所に鎮座している古い化粧品たちを一掃。昨日の講座で使った化粧品リストを元に早速 栄・名駅に買い出し。

Cosme Kitchenなんてラシックとパルコを梯子。よぉ歩いたわ…。

今あるものを使い切ってから、という考え方もありますが、まあ、1年たった化粧品なので使い切るとかいう考え方はないなと思って一気に処分。

未練がましい?タイプではないので、こーいうときの思い切りはよいです。ガラっと変えます。

昨日今日 購入した新しいコスメたち。コスメを買うとやっぱり気分はあがる♪ ♪
でもこれはほんの一部。まだネットでいっぱい買ってる(⌒-⌒; )