己を知るための令翠学

この週末に常盤令翠先生こと梅村智子さんに令翠学鑑定をしていただきました。

一言で「令翠学」を説明しようと思うと難しいのですが、干支から運命や吉方位、相性、ビジネス、家相、体のこと、、、、などなど包括的に知ることができる運命分析学です。

(細◯◯子さんはこの令翠学をアレンジして今の六世占術にしているんだとか・・)

実は復職することにしたのは、この智子さんの令翠学鑑定がきっかけ。

(智子さんのこの美しさ!巷ではクリステルと呼ばれています)

私は数秘学もやってるし、占いより「自分の判断」が人生を左右すると思い始め、今夏に一つの決断を下そうとしていた矢先、智子さんから「一度 綾子さんを鑑定させてもらえませんか?」と言われ…。

やっていただけるんであれば是非♪ な感じで鑑定していただいたのです。

たまたまピタゴラスイーツさんのイベントで隣に座って「はじめまして」と挨拶したくらいの間柄で私のことや、バックグランドなど殆どご存知ないのに、鑑定で言われたことがとっても面白い。

「綾子さんは一言で言えば『根性が服を着てる人』」とか。

2013年〜2015年は自分と向き合うための年」とか。

そう。私は2013年10月から会社を休んだのです。そこでヨガに出会い、栄養学に出会い、様々な人に出会い。自分に向き合い、自分を受け止めるという時間を過ごしました。正にドンぴさり

加えて智子さんからは、「綾子さんは『過去を学んでこそ未来につなげられる人』。過去から逃げてはダメ。だから今、会社を辞めるべきではない。この3年間で学んだことを会社に戻って活かすべき」と。

この鑑定をきっかけに各方面から「今 やめるべきではない」「周りに影響されることなく自分の本当の気持ちに向き合って」などなど言わて、自分の中で再度 塾考し、現在に至りました。

どちらにしても正解だったかもしれませんが、今は戻ってよかったと思っています。復職して一月経ちましたが、職場も温かく迎え入れてくれています。本当にありがたい限り…。

まあそのことはおいといて。今回は2017年がどんな年になるのか鑑定していただきました。

2017年。私にとっては「自分の役割を果たす時」なんだそうだ。そのためにも「自分の核心に向き合い」「くすぶってる火を『鎮火』させる」ことが大切。

cdca0c19a2a6b258ee6b13810902f671_s

私は周りに状況を読みすぎて、言いたいことがあっても自分の気持ちに蓋をしてしまうタイプなんだそうです(←否定はしない)

備忘録的に言われたことを羅列。

  • 見ようとしていない無意識の自分に向き合う時
  • いつまでも鎮火しないくすぶった火を消す覚悟を持つ。さすれば新たな火を灯すことができる
  • プライドを緩める覚悟を持つ
  • 悲しかった、悔しかった…自分で自分を認めてあげる
  • 弱さを出す(←よく言われる)
  • 人に甘える(←これもよく言われる)
  • サポーターは夫
  • 私が本心を話すことで救われる人がいることを受け止める(女性である故の苦しみを乗り越えたのだから)
  • 人のためだけではなく、自分が喜ぶことをする
  • 目に見えるもの、今 見えるものに囚われすぎてはいけない
  • 2013〜2015年は、自分の果たすべき使命のために「させられた経験」
  • 2017年は「生長」の年。直感的に会いたい人には会いに行く。行きたいところには行く

この数年、嫌な自分も残念な自分も見ては受け止めてきたのに、まだあるのかーと狼狽しましたが、確かにまだ核心は隠している…とは思う。

最近 私の「蓋」を「いい加減、開けたら?」という人々が以前にも増して現れているので、来年は何かが開くかもしれません。

開くのが怖いけど…。開いたらどうなるんだ。すごいことになると思うんですけど…。自分では開けれらないので、誰か開けて〜と叫びたいが、ここは自力で開けるしかないらしい…。

そんな智子さんは超マルチな才能をおもちな方で、先日 書道で金賞を取られていました。

(写真、お借りしました)

15195913_1186230364807921_101269562334062340_o

その上、お料理も上手でご自身で作られたお手製の玄米甘酒をいただいてしまいました。

玄米の香ばしさがなんとも言えない美味な甘酒!私 甘酒はあまり好きではないのですが、これはおいしい!そして買いたい!

甘酒のラベルは先日 金賞を取られたご自身の書。

己れこそ
己の寄るべ
己れを措きて
誰に寄るべぞ
よく整えし
己れこそ
まこと得がたき
寄るべなり

全ては自分。己なのです。己を知ることができるからこそ、今までの自分を超えることができる。鑑定の最後に自分に問いかけてくださいねと言われたことを思い出しましたわ。

私の周りには私を指南してくれる方々がたくさんいます。

年齢を重ねて「言われる」ことが少なくなる中、智子さんを始め多くの方々に自分自身(己)と向き合わせてくれる人や機会があることに本当に感謝です。

智子さんありがとうございました!