自然も人も「美」は同じ

例えばこの葉っぱの色がピンクだったら、この葉っぱは綺麗でしょうか?

この根っこが直線のように真っ直ぐだったら、この木らしいと思うでしょうか?

ヘナの第一人者であるKamidokoの森田先生から教えてもらったことはとてもシンプルです。

人も木々や花たちと同じだと。

葉っぱは葉っぱが持つ色が美しいし、曲がっている根っこは曲がっているからこそ美しい。

  • 黒髪が茶色だったらそれは本当にあなたという人間が美しいの?
  • 元々 ウェービーな髪を真っ直ぐにして、それはあなたらしいの?
  • なぜ茶色じゃなきゃいけないの?
  • なぜ真っ直ぐじゃないといけないの?

あなたが生まれ持っているものを活かすことがが、あなたの本来の美しさ。

雑誌の影響を受けすぎ。

髪は「神」。髪は、あなたが神さまからもらったプレゼント。そのプレゼントを変にいじるんじゃないの。

(もうすぐクリスマスですねぇ)

2fc622c8c49fb12aba0b411b2f70ecfe_s

言われてみれば、そりゃそうだ。と思うこと。

私は髪が真っ黒で直毛で量が多いのが悩みでした。雑誌で見る素敵な人たちはみんな栗色でエアリーで自然なウェービー。

(なんとなくこんな感じ)

89112ab72b23b8792e786668a470ecc2_s

そんな人たちに憧れてヘアカラーで染めたりパーマもかけていましたが、森田先生の話を聞いて「ハッ」とし、25年ぶりに黒髪に戻しました。

そしてら「ツヤッツヤで素敵〜」と、今まで言われたことのない髪を褒められるようになったので、やっぱり素材をそのまま活かすほうがいいのね、と思うのです。

img_5073-1

個性の時代と言われる今だからこそ、森田先生のお話会(12月19日)

「自分という素材」の有り様

を考える機会なのではないかと思います。