【開催レポ】失敗しないどころか、美味しすぎる米粉パン講座

img_5804

東京・大阪で大人気のかおり先生の米粉パン講座を開催しました。

今回は午前中に「基本の米粉パンのダイジェスト講座」

午後に名古屋初「成形パン講座」を開催しました。

かおり先生の講座は、「ちゃんと米粉パンが焼けるようになる」がウリなので、パン型が一人おひとつお土産につきます。

パン型を渡され、Facebookのグループページで4週間のフォローがついて、焼いたらアップしてかおりさんからのコメントがもらえるので、嫌でも?焼こうという気になります。

でも、慣れてしまえば米粉パンは小麦よりも簡単です。なんせ発酵時間が短いので。

強者になると朝から米粉パンを焼いてる方もいらっしゃるくらい。

そんな米粉パンを「もっちり」ではなく、小麦のように「ふっくら」焼けるコツは、この混ぜる時間にあります。

みなさん必死です。

でも、その必死に混ぜた結果は驚きの米粉パンとしてあらわれます。もうね、写真では伝えきれないくらいふっくらしてて美味です。

小麦アレルギーのお子様を持つお母様は、「絶対作る」と意気込んでいらっしゃいました。パンが食べたくてもアレルギーがあると食べられないので、見ててかわいそうですもんね。

かおり先生の講座のもう一つの特長は「マニアックな講義」

まー、これが、「よくぞここまで調べたな」と。

ありとあらゆるメーカーの米粉を研究しているかおりさんの米粉の対する執念?と知識量に圧倒されるだけでなく、米粉パンを焼くのにふさわしい米粉も教えてもらえるので、失敗なく焼けるようになるのです。

試食タイム。午前は基本の米粉パン、蒸しパン、オニオンブレッドを焼きまいた。わたいは蒸しパン大好物です。

午後からは「成形パン講座」。基本講座に出られている方はお分かりになると思いますが、

「あの生地でどうやって成形するのか?」と謎に満ちていたものが、、、、

なるほど。な講座でした。

ちゃんと捏ねます。

成形もします。

伸ばします。

成形パン講座で、作ったのは、プチパンとあんまん(丸山ご指名)、シナモンロール。

このプチパンとシナモンロール。

私も初めて食べましたが、食べた瞬間、隣にいたかおり先生の背中を

「バシッ」と思わず叩き(先生なのに)

「美味い!!!あなた、天才すぎる!!」と叫ぶほど美味シイ。

本当に小麦のパンと並べてあってもわからないくらい、ふっくら

でも小麦と違って軽い。ともかく軽いのです。お腹に優しいのだと思います。

美味しい写真。

美味しいものは人を幸せにしますねえ。私は食べるものへの執着が人5倍くらい激しいので、かおり先生の講座を名古屋に持ってきて大正解だったわ、と、この講座を開催するたび一人でほくそ笑みます。

かおり先生の米粉でも小麦のようにふっくらとしたパンを追求する姿は、到底真似できないもので、名古屋講座の1週間前に

「やっぱり、プチパンの出来が満足できない」

とか言いだして、試作の没頭→レシピ作成→印刷とかしてて、その探究心には本当に頭が下がります。

おかげでウマウマなパンを食べる(いや、「作る」が正しい)ことができました。

かおり先生、ご参加の皆様ありがとうございました!

次回は6月3日(土)成形パン1日講座です。メロンパン作るそうです。再受講も受け付けますので、ぜひ遊びにきて下さいね!