インフルエンザという内観

2月中旬にインフルエンザに罹患しました。

薬は使わず自己治癒力だけなんとかしようと思ったものの、私の免疫ちゃんはかなり弱っていたらしく、屈辱的でしたがロキソニンとタミフルを服用した結果、

熱は下がったものの、ひどい薬疹?蕁麻疹?になり、罹患後3週間が経ちましたが、まだ湿疹には悩まされてます。

代謝が落ちたのか熱量を生み出せないひどい冷え性にもなり、肌の乾燥っぷりは半端ない。


蕁麻疹が治らないので、初めてホメオパシーの診察を受けました。

薬疹であれば薬が抜ければ引くそうですが、治らないところを見ると、自己免疫力的に問題があるようです。

自己免疫力というより、自分自身のあり様ってところですかねぇ。

インフルエンザという事象は自分に色々なものを見せてくれました。

多くは自分の心の中に溜まっていたドロドロ〜としていたものですが、ちょっとブログでは書けない(書きたいけどけど書けない)ようなこともありました。 

そんなこんなで「ちょっと止まってみよう」と、思い立ち、 SNSから離れたり、朝食会も2月は取り止めました(予定していてくださった方すいませんでした)

友人たちとのお楽しみ機会もたくさんあったのですが、体調も万全ではないので、2月中は全てキャンセル(ごめんよー)して、

ひたすら自分のために自分の時間を作るようにしてました。

パソコンは開けることなく、本を読んだり、さくらとものんびりした時間を過ごしました。


そういえば、家で最近 くつろいでなかったなー。自分自身と会話してなかったなー。自分を大切にしてなかったなーと反省すること多し。振り返る時間となりました。

私は走り始めると周りが見えなくなり、また止まれなくもなるので、時々 急ブレーキがかかるようです。

でもそれはありがたいことに体がちゃんと教えてくれます。

インフルエンザは辛かったけど、止まってみることで、走っている時には見えない景色が見えたことは良かったなぁと思います。

ささやかな決断ももたらしました。

まだ出力レベルは60%くらいですが、ぼちぼちブログは再開していこうかなと。

たくさんのご心配のメッセージやお見舞いの品もくださった皆様には心からお礼申し上げます。