伸びしろ

3905cedcfed0cf98c056d710dcdf0cbf_s

個人事業主の友人たちを最近 悩ませているのは、確定申告のようです。

レシートと格闘する人
提出してスッキリした人。

Facebook上では、ちょっとした悲喜こもごもが垣間見えます。

その中で1年間の活動の結果である申告書を見て、

「目標にはまだまだなぁ」と呟く投稿もちらほらと。

tsuruno9_tp_v

ノンノン、嘆くなんても勿体無い。

目標と現実との乖離は、伸び代・成長余地だと思います。

ba6d20a7b8c02e47abb9def3c1ab6c30_s

現実と目標や理想とのギャップをしっかり見据え、何ができて何ができないのかを検証して、次への取り組みにつなげていく。

その取り組みを通じて、現状と理想の乖離を縮めていくことも仕事の楽しさではないかと思います。

申告シーズンは、いい機会なので、単に申告書を作って「終わったー。提出したー」と安堵するだけではなく、ご自分の活動結果という数字と向き合って、

できていること/できていないこと、やりたいこと/やれること

などを考える機会に捉えて、今年度の推進力に変えていって欲しいなぁと思います。

これは税理士に依頼されている方も同じで、売り上げや利益が増えた減っただけを見るのではなく、「なぜ」増えたり減ったりしたのか、その要因を考えることがご自身のビジネスを盤石にし、持続的成長に導いていくのだと思います。

経理・財務という立場で数字の囁きを聞いてきた人間からのアドバイスです。