気を元に戻すから「元気」

img_5990

先週金曜日のヘナ会で、久しぶりにピタゴラスイーツの店長 長谷川千恵さんとゆっくりお話しすることができました。

ちえさんとお話しすると、たくさんの気づきがあります。

先日は、会話の中で

ち:「りょうこさん、会社でどんな風にいるの?」と聞かれたので、

り:「(休職帰りなので)5歩くらい引いてます」と答えたら、

ち:「5歩引いていたら、仕事のアウトプットも人生も5歩引いたものになっちゃうよ」

ちーん。そりゃそうだ。5歩引くのはやめよう。

最近、止まらないスイーツについても

り:「最近、乳製品に手が出ちゃうんですよねー。シュークリームとかエクレアとか。添加物も多いし、手を出してはいけないとはわかっているんですけどねー。つい。」

ち:「それらの食べ物は、りょうこさんを元気にしてくれるものなの?『元気』って『気を元に戻す』って書くでしょ。売店でこの食べ物は「この食べ物は自分の気を元に戻してくれるかなぁ?」と考えながら選べば、自然と手に取るものも変わると思うよ

がーん。

とどめ(?)。

ち:「正解な生き方なんてないのよ。選んだ生き方を正解にしていくの」

久しぶりにお話しした千恵さんは、更に深みを増してました。千恵さん語録ならぬ、千恵ログでした。。

金曜日はピタゴラスイーツを大人買い。パティシエの山崎友紀さんが魂を込めて作る数々のスイーツは心を育むのです。

17200951_1433883450012890_7582549473324314245_n

帰宅時のお約束。さくらに当然狙われるの巻。

17190419_1433887903345778_5037560582528529369_n
人は食べ物から心と体、気を産み出します。だから食べるものって大切。食べ物を選ぶ眼って大切。
家族の手作り料理がなぜよいのか?そこには目には見えない料理を作る人の愛情という氣が込められているから。
その人の氣を取り込むことが、食べた人のエネルギーをアップさせるのです。
デパートや売店でも作り手の魂が込められた食べ物を手に取れるといいなぁ。