嗜好と思考、「しこう」の変化

2月中旬にインフルエンザとやらに10年ぶりに罹患しました。インフルエンザを発端にひどい蕁麻疹にもなりました。未だに蕁麻疹は残っています。

そのインフルエンザで私の中に大きな大きな変化がありました。

なんとお酒が要らない

「酒が飲めないなんて人生の半分を損してる」と、豪語していたこの私が、、

日本酒一合が飲めず、

大好きなのに、たった1杯のグラスシャンパンが飲みきれず。

他にもコーヒーとお肉が飲みたい・食べたいと思わなくなりました・・・。

嗜好の変化に合わせて、思考の変化も。

私のある意味アイデンティティでもあった「お金」。ビンボー育ちなのでお金への執着は人一倍ある方だったのですが、なんというかお金に対する執着が薄れたというか・・。

お金は循環するものであって、溜め込む(貯め込む)ものではないという気持ちになり。。。

うーん、不思議だ。

インフルエンザで熱とひどい湿疹とともに、何か憑き物が落ちたのか?でも、インフルエンザになった時は精神的にもドーーーーーンと落ちていて、かなり内面がドロドロしていたのは事実。

お金に関しては、クリエイティブ・ライフカウンセラー 早稲田ひとみさんから紹介されたこの本の影響も大きい。

お金がない。お金が欲しいと思っている人にはこの本おすすめ。この私が、ついにお金に対するブロックみたいなものを外すことができた本。

ソウル・オブ・マネー ¥1,944