生理の隠れたお悩み:かぶれ

生理に対するお悩みは様々。

img_3218

Huma groupさんの調査結果によると上位は以下の通りです。

1位 下腹部に鈍痛を感じる

52.5%

2位 腰に痛みを感じる

50.5%

3位 イライラする

46.2%

4位 ひどく眠くなる

42.2%

5位 胸が張る

33.6%

しかし。。。

このようなアンケートになかなか出てこない、でも結構 重たい悩みが、

デリケートゾーンのかぶれ

場所が場所だけに「かゆいの」とか言いづらいんですよね・・・。かゆいって辛いし、場所が場所だけに割と深刻。

アンケート結果にはお悩みランキングに載らないものの、そこそこお悩みの人は多いと思われる。。。

だから、○ェ○○ー○軟膏なんて薬品が出ているのかも。

c2ed0001de53b47d4e2802a2af5a7b9b_s

ええ、私も買ってましたよ。レジで恥ずかしいんですよね。後ろに誰もいないタイミングで、さささっーーてお会計してました。

薬が悪いわけではないですが、デリケートゾーンはその言葉通りデリケートで粘膜。粘膜に薬を塗りこむのは、口の中や鼻の中に薬を塗りこむことと同義なわけで、やっぱり成分とかには気をつけたいものではないかと思われますが、、、

そもそもその前に、、、

なぜ、かゆみが発生するのか、考えたことはありますか??

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

生理中にデリケートゾーンが痒くなるのは、出血による蒸れに加えて、市販の使い捨てナプキンが持つ化学物質と膣との摩擦が主な原因です。

ちなみにこの痒み・かぶれについては、赤ちゃんの紙おむつも同じ。

この痒みの悩みは、ナプキンを市販の使い捨てナプキンから布(=綿・コットン)に変えることで、大幅に改善することができます。

(写真はビワの葉で染めたナプキン。婦人科系疾患に効果があります)

11939142_1619977208271588_63613153_n

気がついたら、「そういえば、痒くない!」ってね。

面倒とか不安と言われる布ナプキンですが、布ナプキンについて、もっと情報を取り込んで欲しい欲しいなぁと思います。

もちろん生理そのものについても。小山田貴子さんの講座は生理痛を始めとしたお悩みの原因がよくわかるだけでなく、「いのち」についてのお話が秀逸です。

img_5086

この世にある自分の命を大切にしよー。と、染み込むように入ってきます。

子宮の日である、4月9日の福井講座(詳細はこちら)まであと1週間です。まだお席はあるので、ぜひ学びに来てくださいね。

img_5728