旅行後のスーツケースのお手入れ

旅から帰ってきたら、ソッコーで荷ほどきをします。物がそのまま置きっ放しになっているのがとても嫌いだからです。

ですが、以前はスーツケースは特に何もせず、荷ほどきをしたら、そのまま定位置に戻すだけでした。

旅好きの友人たちと先日 話している時に、スーツケースのキャスター部分を拭く派、拭かない派で分かれた話題になり、

私はズボラなので拭かない派だったのですが、拭く派の理由を聞いて至極納得。拭く派の理由は…、

どこのどんな汚れが付いているかわからないのに、それをそのまま家の中に入れるなんて有り得ん

と、当たり前といえば、当たり前のことで、言われてようやく納得し、拭くようになりました(遅い・・)

拭くようになれば、キャスターだけ拭くのもねぇ・・・ということで、スーツケース全体をアルコールで拭いて、

キャスター部分もふきふき。

スーツケースに知らない間に付いている傷?は、メラニンスポンジで力を入れずにキュッキュッと擦れば、きれいに落ちます。

メラニンスポンジの技は、ナチュラルクリニーング講師の本橋ひろえさんから教えていただきました。

ひろえさんのナチュラルクリーニングは、合成洗剤を使わないだけでなく、簡単にお掃除できてしまうことも特長のひとつです。

アルコールスプレーもひろえさんから。アルコールスプレーは、汚れが落ちやすく、また揮発性の高さから余分な水分(=カビの素)が残らないので、使いやすさ抜群です。ドアノブや鏡など至るところで使います

きれいにして片付けておくと、次 使う時に気分良く使えますし、スーツケースの神さまが次の旅を素敵なものにしてくれるようにも思います。