70%のチカラで体を動かす

img_7010

中学高校とバリバリの体育会系だったこともあり、体を動かすこと、しかも筋肉痛になるくらいの運動が好きです(Mか?)

これまでもスポーツジム通いを始め、水泳、ランニング、加圧トレーニング、ヨガ(継続中)等々 体を動かす習い事は色々試して来ましたが

体幹を鍛えるピラティスは渡辺満里奈さんが紹介されていたことで、ずっと気にはなっていたものの、これまで縁がありませんでした。

ピラティス・インストラクター古澤麻衣子さんは、朝活にお越しくださったご縁と私の自宅近くにスタジオを開設されていたこともあり、麻衣子さんのスタジオに通うことに。

19748557_675796502606086_7054345102726289220_n

麻衣子さんは、ご主人の転勤で縁もゆかりもないも無い名古屋に最近 越してこられたのですが、地下鉄・東山公園駅という立地抜群な場所にスタジオを開設されるという、なんというかスゴイ(私から言えばムチャな)人。

そんな麻衣子さんは、私とは数回しか会ったことがないのに、スタジオに通い始めてすぐのタイミングで、

綾子さん、70%くらいの出力で体を動かすことを意識しましょう

と指摘されました。いつもいつも100%の力を出していては疲れちゃいますよ、と。

 

私は、人から頑張り屋と言われますし、確かに物事には全力で取り組むのが信条なので、ついつい120%〜150%の力を出そうとするところがあります。でもそれは心のあり様であって、体の動きとは関係ないと思っていましたが、、、。

心と体は表裏一体。体を緩めれば心も緩むよ」と、教えてくれた「学校では教えてくれない生理の話(7/29 名古屋開催)」で月経血コントロールヨガを担当する小角眞由美先生の言葉がどーんと響く。

麻衣子さんには、体の動き方を指摘されたのですが、まるで心の有り様も指摘されたかと「うっ・・・」と言葉を失う。

しかもそれをたった数回 体の動かし方を見て、見抜くなんて麻衣子さんってスゴイな。すごすぎると。

19905368_675796495939420_1458838525660726331_n

麻衣子さんのピラティスレッスンは、マンツーマン。麻衣子さんのリードに合わせて自分の呼吸と体を注意深く感じながら動かしますので、その集中力と言ったら半端ありません。

が、体はスッキリ。

よく知的労働者は体の疲れを取るために体そのものを動かした方が体と脳のバランスが取れて、疲労が軽減すると聞いたことがありますが、まさにそんな感じ。

私は骨盤が前傾(=反り腰)しているそうで、今はそれを矯正中。そしてお腹周りを引き締めたい。

本日のレッスン。左がビフォー、右がアフター。背中のカーブが緩やかになっています。反り腰がなくなると体も細く見えるのですねえ。

19893580_676837015835368_1073299162_o

麻衣子さんからは、70%の力で使える様になると体は楽だし、100の使い方も70の使い方もマスターしたら最強ですよ、と言われているので、その気になって通ってます。

確かにゴルフのスイングでも満振りするより、リラックスして打った方が飛距離は出るので、麻衣子さんの理屈は正しい。

そもそも、もうアラフィフなんだから、いい加減 力のさじ加減を覚えろ、とも言う。

麻衣子さん、引き続きよろしくお願いいたします。