プロから学ぶオーガニックメイクアップ講座

ナチュラルコスメプロデューサーの小松和子先生は、日本にで唯一のナチュラルコスメ・メイクアップアーティスト。有名女優さんやモデルさんにもメイクをされるようです(ご本人は仰いませんけど)。

和子先生に出会うまで、ナチュラルコスメとは、体に優しいけど、すぐに顔をくすむ、化粧崩れしやすい勝手なイメージを持っていましたが、実際はそうではありません。

色写り良いし、何と言ってもしっかりメイクしても全く重さを感じない。そしてお湯だけでクレンジングできてしまう気楽さがあります。。

一度 和子先生の講座を受けてすっかりハマってしまい、都合をつけて今回再受講。

貴重なこの講座を主催する堀内瑠美さん主宰の朝型美人塾さんの定数は「6」。競争熾烈なので、メルマガ(登録制)で募集開始が始まったら、即予約が必要です。

ご自身の肌体質や経験からナチュラルオーガニックコスメを開発した和子先生語録の説得力は抜群。

特に化粧品の成分という、これまで考えが及ばなかった点は「ハッ」と気づき・考えさせられること多いです。やっぱり直接に肌につけるものは体に優しい成分であることが必須。特に40歳超えていたら尚更(私はアラフィフ)。

この講座では、スキンケアからメイクアップまでスルーで行いますが、様々なオーガニックコスメを試すことができ、自分に合うものが見つけらるのが◎。オーバー40歳は保湿大事。

メークでは、年齢にあったカラー選びやメイク法は目からウロコ。特にチーク。

オーバー40歳はただでさえ、肌がくすむので、色選び大事。自然体なメークを目指すとオレンジ系を選びがちですが、40+は返ってそれが老け顔になるようです。それにチークの入れ方は、一般的な頬骨に沿った入れ方だと顔が貧弱に見えるのだそうです。

和子先生曰く「40+のメークはいかに顔をくすませないか」がテーマなのだとか。次に顔の印象を決定づける眉。これはプロの方からお手入れと描き方を伝授してもらえる幸運さ。

アイシャドウの入れ方も若い時のようなメーク方法ではNG。

完成形(瑠美さんから写真いただきました)。マスカラ上下も入ったフルメイクですが、それを感じさせません。メイクが違うと笑顔も満開(笑)

この講座はたくさんのお土産が付きなのも魅力。ちなみに試供品の消費期限は超短いので、もらったら早めに使い切ることが大事だそうです(決して旅行用に取っておかないように・・)

今回の講座では、和子先生の最後の一言が響きました。

 「みんなただキレイになるだけではダメよ。個性・アイデンティティーを出すことを忘れないで。年齢は気にしない」

私たちは、ついつい物事を歳のせいにしまいがち。

自分がいつまででもキレイでいたいと思えば、キレイでいられるし、歳だから…と引き下がれば、オバサンになっていくんだなと・・。(だからと言って、若作りではなく年相応で)

外見も中身もいつまでも美しく。いい歳の取り方をしていきたいものです。

和子先生、瑠美さん毎回楽しい講座をありがとうございます。秋も狙います。