乾物を常備菜に!夕飯づくりが超楽チン

22382495_1610954135651108_848510095777436304_o

兵庫・苦楽園口にあるマクロビオティック料理教室「ポレポレ」さんで、【乾物を使いこなそう!】レッスンに通っています。

このレッスンは以下の4本立てでこれまで豆類以外の講座を受講しました。

  1. 切り干し大根
  2. 海藻(わかめ、ひじき、のり)
  3. 高野豆腐、春雨、車麩
  4. 豆類 → 新登場

乾物って、栄養が満点だと言うことはわかっているけど、使い方がワンパターン。特に切り干し大根なんて、煮物にしか使ったことがない・・・。しかも戻すのが面倒で買ったまま保存庫の主・・・。

IMG_8447

ポレポレの主宰 藤本裕子さんは、「それは勿体無い!!」と言わんばかりに、各乾物で基本の3種のレシピを作ったあと、その基本レシピを使って、さらに3種類のレシピを教えてくださいます。

基本の3種類+(アレンジレシピ3種類×3レシピ)で計12種類!!
基本のレシピは作って冷蔵庫に入れておけば、夕食づくりのオタスケマンに変身。

fullsizeoutput_11b3

アレンジは、春巻きやサラダやスープなど。

IMG_8449

 

目からの鱗のレシピが満載。

我が家では、早速 春巻きを作ったところ、夫に大好評で「これ、うまいね!!」と、気に入ってくれました。

IMG_8526

美味いと言われただけでなく、たった5分で春巻きが作れて食卓に出せる感激さ(電子レンジ未使用)。タネが作ってありますからね。

疲れている時や夫が早く帰宅した時、時間がない時に冷蔵庫に常備菜があると「これがある!」「これを使ってアレを作ろう!」と安心できます。マジ大助かり。

IMG_8525

ところで切り干し大根のレッスンは、一番初めが衝撃的でした。

なんと、切り干し大根を【生】で食べる。

発想になかったので驚き。でも!これがイケる。お酒のアテとしてはもちろん、小腹が空いた時のおやつとしてもかなりグー。

大根は、体内の脂を溶かす効果があると言われるそうです。天ぷらや青魚の焼き物に大根おろしが添えられているのはそのためだとか。

IMG_8450

生野菜は天候等で価格が変動しますが、乾物にするとなぜか価格はお安くなり、保存もできる。栄養価も高い。まさに日本人が受け継いできた知恵。

そんな万能な食材を深く知り得ることができて感動ものでした。

しかしながら、裕子さんは単にレシピを入手するだけではなく、

「発想を持ち帰って欲しい」

と言います。

IMG_8454

「こんな使い方ができるんだ」という気づきを持ち帰ることで、自分でも「あ、こーしたらいいかも」というアイデアを生んで欲しいと。「自分の中にある『できるチカラ』を信頼して」と言う言葉が印象的でした。

「生きるための基本である食べることを通して、自分らしさを見つける」

料理って偉大ですね。

現代社会は、便利すぎて包丁さえも持たない人がいるそうですが、「食べる(=生きる)ために作る」ことを蔑ろにしてほしくないなぁと、つくづく思います。

作るって楽しい。自分で作る料理は1.5倍増しで美味しいし(^_−)−☆

裕子さんのレッスンスケジュールをこちらに貼付しますので、ぜひ行ってみてください!