日暮れの冬散歩

さくらを迎えた頃は、朝・夕・夜と1日3回散歩していましたが、人や仕事など出会いの増加と共に朝夜の2回散歩が日常になっていました。

11月の怪我によって、家にいる時間が長くなり、また、そろそろ歩き始めないと体に悪いこともあり、最近 夕方散歩を復活。

散歩は夏よりも寒い冬の方が好きです。日差しが弱く、歩いている人も少なく、なんとなく物悲しさが漂う夕暮れ前の時間帯を狙って森の中を歩きます。

さくらも枯れ草のカサカサという音が大好きで子鹿みたいに大喜び。敢えて選ぶけもの道を駆け回ります。

普段であれば1時間くらい歩くところをまだ足が痛むので30分で切りあげていますが、

幸せを感じる大切な時間です。