花粉症はシーズンオフが大切

e4947e551c2e93b2c267eaae4de4a263_s

寒い。毎日 本当に寒い。だけど、花粉症の季節が到来したんでしょうか?

私は山育ちなので花粉症には絶対にならないと決めているため花粉が飛んでいるかどうかわかりません。が、都会育ちの夫は昨日「花粉が飛んでる」と。

街やテレビも花粉症がらみの商品広告が目立つようになりました。マスクとか。

e2278abdb449a17efc820a91ee9e404d_s

新種のマスクなどに目が奪われがちですが、花粉症を症状をやわらげるために大切なことはマスクや防護メガネなどではなく「食べ物なのになぁ」と思って広告を眺めてます

特に小麦粉の食べすぎ。私たちの食生活にはパン、パスタ、うどん、スイーツ・・・小麦がそこら中にありますが、現在の小麦粉はアレルギーを活発化させる働きがある・・というのは残念ながらあまり知られてはいません。

 

f043312fc8e04e724b81d864dd15488a_s

そして、2月17日予防医学講座講師の牧香奈子先生は「花粉症などのアレルギー症状を和らげるために症状が落ち着いている時期(冬など)の過ごし方が大切」だと言います。

確かに昨年冬、試しに夫に「小麦の摂取量を減らしてみて」と厳命したら、花粉症の症状があまり出なかったと言っていました。効果を感じた夫は、以来 昼食時などで小麦を極力 避けるようになったくらい。

広告の効果なのかもしれませんが、私たちは「病になることを前提とした対策」ばかりに目が奪われて「病にならない・なりにくいための対策」に目を向けることが少ないと思います。ちゃんと方策はあるのに大事な視点に目が向けられていないのはとても残念です。

花粉症の季節がやってきたから仕方ない。と気落ちするのは勿体無い。
本来 春はウキウキ・ワクワクする季節なのですから。

<募集中>
2月17日 予防医学講座「アレルギー初級講座(小麦・卵・大豆・乳製品)」

2月23日 失敗しない米粉シリーズ「米粉スイーツ8種」