新商品使ってみました<ディープチェスナット編>

今週発売された新商品ヘナを使ってみました。

袋のサイズは、従来商品に比べて少し大きめ。

中を開けると25gずつの個包装(25kg ×4袋) と使用説明書・・・に加えて何かある。

これはなんだ?

ビニール手袋と不織布のシャワーキャップが入ってました。助かリマス。

使用説明書はイラストになりました。わかりやすい。

今回は一番人気の「ディープチェスナット(税込2,592円)」を使いました。白髪がこげ茶に染まります。

しかし粉は抹茶色。今回商品から水と粉を馴染ませるための時間が不要となりました。確かに粉と水が「すぐに」「よく」馴染みます。

新商品は「すぐ使える」が大きなポイントですが、逆を言えば封を切るとすぐに酸化が始まるため「開けたらすぐ塗る」が基本です。

ケーシュオイルの使用は新商品では不要。でも粉の匂いが苦手な方は引き続き使われると良いとのこと。私はディープチェスナットの匂いはちょっと苦手なのでケーシュオイル使用。

塗ったら、不織布シャワーキャップをはめて、その上からタオルを巻いて1時間。森田先生のヘナはサランラップは巻きません。頭皮も皮膚呼吸をしているから、1時間も巻いてると蒸れるでしょ、と森田先生談。

1時間経過後、洗い流します。発色を安定させるため48時間にはシャンプーは使わない方がいいそうですが、森田先生に確認したところはそこは好き好きでOK。私はシャンプーする派です。

注意点はヘナするときにゴム手袋を使った方が良いこと。手が黒くなります。

仕上がりは、これまでオレンジ色だった白髪部分が黒っぽく染まりました。頭全体の色が落ち着いたという印象です。ヘナのいいところは自分でできるので経済的(1回 650〜2,600円)で化学薬品を使っていないのでヘアカラーしているのに体が疲れないところです。

以前 ヘナ帰りに知人と会った時「美容院って疲れるのに(会って)大丈夫なの?」と言われて、「あっ、私 確かに疲れてない」と気づいたくらい。化学薬品で疲れる理由はまた別途。

来週はダークブラウンを試す予定。またレポしますね。

ヘナはこちらのサイトから販売中です「Maru’s Select