ヘナは爪も強化します

img_0306

(写真は従来品のレギュラー、新製品のオレンジの色見本)

ヘナをすると白髪がオレンジ色になるのは、ヘナの葉に含まれるローソンという赤色の色素成分が髪の主成分であるタンパク質の一種ケラチンに絡みつくためです。

そして髪のキューティクルの隙間に浸透し、髪のダメージ部分を補修することで髪をケアします。

私たちの体はタンパク質でできているので、ヘナを塗ると髪や頭皮だけでなく、塗っている手や爪も修復・強化されていきます。

素手で塗った場合のみですが・・・。

ヘナを始めて「そういえば、爪が割れなくなった」というお話はよく聞きます。爪が割れやすい方はヘナを素手で塗ってみるといいかも。ただやっぱり爪もオレンジ色になってしまいます・・。

img_0335

ただ、以前 ネイリストさんに聞いた話で「爪は体の栄養の最終地点。その人の爪を見ればどんな食生活・生活習慣なのかがわかる」なんだとか。

爪が割れやすい方は栄養不足が考えられると思うので、ヘナだけに頼らずご自身の食生活を一度見直してみると良いかも。。。


ヘナ製品のご購入はオンラインストア「Maru’s Select

様々なヘナに関する質問はLINE@まで。

LINE@コード:@jhy5313z
QRコード:

友だち追加