髪がきれいなだけで一日機嫌が良い

40000136.jpg

私が中高校生時代は「前髪命」でした。

「あの前髪なんて言うんだっけ?」とGoogleさんで調べたら(←本当に便利な世の中になったもんだ)、あの前髪は『トサカ前髪』と言うのですねぇ。初めて知ったような・・。

ともかく前髪を立てるのですよ。平野ノラさん(写真)のように(あ、私もロングでソバージュとかいう髪型してました)。

名称はさて置き。朝は「くるくるドライヤー」片手に格闘。綺麗な前髪を作ってスプレーで固めて登校してました。

うまく前髪がセットできた日は、それだけでご機嫌ですが、納得できないまま時間切れな日はそれだけで気分がブルーだったものです。

30年以上昔のことなのに、よくもまあ、そんなくだらん心情を思い出せるのか、我ながら不思議ですが・・。

それだけ「髪」に対する思いは女性にとって特別なものではないかと思います。未だに髪型が決まった日はそれだけでご機嫌ですし、寝癖などでハネてるとそれだけがずっと気になりますから。そういう意味ではヘナを始めてそのような悩み・ストレスから解放されたような気がします。

ヘナを知って、ヘナを始められた方々からも「自分の髪が好きになった」「綺麗な自分の髪を触ってご機嫌になる」といったご感想をいただくと、

わかる!
わかるわ!
わかるよ!

と、私自身が興奮します(何者なんでしょ)

髪へのこだわりは10代のうら若き頃から変わっていないので、森田先生のお話に食いついたのかもしれません。

「髪は女の命」とはよく言ったものですねえ。


ヘナ製品のご購入はオンラインストア「Maru’s Select

様々なヘナに関する質問はLINE@まで。

LINE@コード:@jhy5313z
QRコード:

友だち追加