付かず離れず

愛娘犬・柴犬さくらは、私の入院期間中 前半は横浜の義姉宅に預けられ(夫が面倒見できないと言ったため)、後半は名古屋の自宅でパパと父子家庭で過ごしました。

義姉宅では、義姉と義母に思う存分 甘やかされていたものの、やっぱりパパとママが恋しかったらしく、パパが使っていた布団やパジャマから離れなかったそうです(上の写真)

そんなさくらが義姉・義母に連れられて名古屋の自宅に戻り、パパと再会した時には思い切り大興奮。さくらはパパっ子です。

1週間はパパと過ごし、私の退院前日の夜、パパがさくらに「ママ、明日 帰ってくるよ」と伝えたところ、さくらは「ママ?どこ?どこ?どこにいるの」と玄関まで出迎えに行ったそうです。泣けます。

そんな話を聞いていましたので、退院し帰宅したら、さぞかし大興奮でギャン泣きで感動の再会かと思いきや・・・。

思いきや・・・。

思いきや・・・。

あれ?なんですの。この素っ気なさは。ママが近寄ったら逃げるし、なんかブンむくれているし。

「さくら、おいで」と言っても距離はなんとなく微妙・・・。

パパの推測では、さくらにとっては『ママはさくらを放って、どこに行ってたの!?(恨)』」だそうで。

えー、ママだって結構 辛い思いもして頑張ったんですけどねぇ・・・。近くには来るけど、そばには来ない。。。悲しい。切ない。

落ち込む私と、なんだかなぁ〜な母娘の状況を見かねたパパが今週末に「さくらとママの関係修復ドライブ」を企画してくれました。どこ行こうかなぁ。仲直りできるといいなぁ。

お散歩の時は笑顔。