金融機関の営業ではない人から聞きたい

fullsizeoutput_21f8

8/28と9/1 名古屋、大阪で「お金と経済の仕組み基礎講座」と「初めての投資入門講座」を開催しました。

経済指標的には足元の日本経済は好調と言われていますが、歴史的な低金利や好景気の実感を伴わない人が多く、至る所で「お金を引き寄せる方法」「投資入門」などの文字を目にします。しかし、

  • なぜ金利は低いのか、上がらないのか
  • そもそも金利の仕組み
  • 株・金利・為替の関係など

お金を増やす前にお金がどこをどう動くのか・・というお金が動く仕組みを知っている人は多くありません。だって、

  • 学校で教えられた覚えもないし、
  • お金を増やすためには、節約をせよと教えられ、
  • そもそもお金に関して話すことは嫌らしいというイメージがあるです(だから騙されたり、損をする人が多いと思う)

加えて社会構造が大きく変化し「仮想通貨」なんてものが出現したり、花形就職先だと言われた「銀行が危ない」と囁かれ始めた昨今、これまでのように知らないでいいわ、と構えていられる時代ではなくなっています。

しかし、そのような課題認識があっても「誰に聞いたらいいんだ?」という悩みが一番多いようです。この講座の受講理由は「ファイナンシャルプランナーや金融機関の営業ではない人から聞きたかった」「丸山なら教えてくれそう」というお声が一番多かったですね。

IMG_2886

確かにお金のことを知ろうとするとその知識はとても幅広くなります。株価、為替だけでなく政治、国際情勢、財政まで。様々な複合要因でお金は動きますが金融機関の営業さんがどこまでそこに到るまでの説明をしてくれるかはわかりません。

やはり自分で情報を取りに行き、学ぶしかないと思います。

私はもちろん金融機関の回し者ではないので、特定の商品を売り込むことはしませんし、投資を積極的に斡旋することもしません。ただ、投資をする場合、金融マーケットの見方や金融機関でカモにされないために覚えておきたい用語などはお伝えしています。

名称未設定

私自身は投資する/しないは各自の自由でやれば?と思っていますが、このご時世はそれ以上に「持っているお金をいかにどう守るか」という課題認識は強くあり、お金はどこにどういう形で避難先させておくのか、そのための投資(=金融・経済)の知識は必要だと考えています。

お金について積極的に学ぶ時代にきていると思います。本講座は次回は9/22(土)東京で開催予定です。

(今回のご感想)

fullsizeoutput_21fb

<今後の講座日程>

9月22日(土)・10月13日 東京・世田谷(千歳烏山)
10月23日(火) 広島
11月6日(火) 富山(募集前)←稲垣実友紀さん招致