換気扇掃除は簡単だった!!

やっと暑さが落ち着いてきた名古屋。実はこの時期から寒さ本番になるまでが大掃除のタイミングです。

どこにも出かけないことが決まっていたこの3連休は、勝手に「ラスボス」と名付けていた換気扇の掃除を決めていました。ずっーーと気になるなぁと思いつつ、見て見ぬ振りをして、手をつける気になれなかった箇所です。

少なくとも1年(いや2年以上)掃除してないはず・・・。換気扇カバーを開ければ、カバー全体に油べっとり・・・いややわ〜。

まず換気扇に手をつけたのは、ナチュラルクリーニング講師の本橋ひろえ先生が「年末は換気扇に付着している油が固まっているので掃除が大変。秋口や春が換気扇掃除だと油が柔らかいので掃除がしやすい」と、教えてもらったためです。

<募集中>10/3() ナチュラル洗剤で家中ピカピカ ナチュラルクリーニング講座

換気扇掃除に使うのは「重曹水」。食材用の重曹なので口に入っても大丈夫。もちろん直で触っても大丈夫。手は荒れません。

キッチンペーパーを重曹水に浸して、換気扇周りをパックするとものの5分程度で油が浮いて、スルリと拭き取れる・・・

❗️❗️❗️❗️❗️❗️❗️❗️❗️❗️❗️❗️❗️❗️❗️❗️

え?こんなに簡単だったんかーーー!!!

頑固な油汚れは重曹水に浸したキッチンペーパーをもんじゃ焼き用のヘラでくるんでちょいちょいと擦る。

フィルターは重曹を振りかけてブラシで擦り洗い。

結局 力仕事にもならず、ゴム手袋をすることもなく、ものの30分程度で終了。拍子抜け。美しくなった換気扇周りにご満悦。無駄にガスコンロの前に立ってうっとり。

(↓我が家の換気扇カバーの飾り)

油汚れが激しい換気扇は最も手強いお掃除箇所と思われがちですが、ナチュラルクリーニングにかかればとっても簡単だったのね・・。

  • 強い合成洗剤も使わないので頭クラクラしないし、
  • 手も荒れない。
  • キッチンペーパーを使うので、汚れた雑巾の洗濯も不要。
  • もちろん経済的。

(↓数年分の油汚れ・・・)

すごいぜ!重曹水!!すごいぜ!ナチュラルクリーニング!!やっぱり皆んなに教えたいですわ。換気扇がこんなに簡単にお掃除できるなんて、もっと早くやればよかった。というか、これからももっとマメに掃除できる!

ナチュラルクリーニングは、10月3日(水)に名古屋講座を開催するので、大掃除前の受講としては超ベストタイミングです。

この感動を分かち合いたいですわ〜。

<募集中>10/3() ナチュラル洗剤で家中ピカピカ ナチュラルクリーニング講座