亡き祖父母への相談

bc9f8d55ba86b8f8fe29f6e5b4b0b808_s

(最初に:このような話は信じる人もいれば、信じない人もいるかと思います。霊の存在を信じない人は読まないほうがいいと思います)

夏におかむらみどりさんから不思議な紹介して頂きました。亡くなった方と会話できるいわゆるシャーマンと言われるような方です。Junko Nakaieさん。

そのきっかけはこんな事例から。

みどりさんとJunkoさんが会う約束をした時、Junkoさんがお土産に持参したのは、ポンジュース。みどりさんはそのポンジュースを見て「は!」と驚く・・。ポンジュースは昨冬 亡くなられたみどりさんお母様の大好物。

「『お母さまがポンジュース飲みたい』って仰ってたわよ。だから御仏前に」と、みどりさんに手渡したのだそうです。ちなみにJunkoさんとみどりさんのお母さまは面識がなく、それどころかJunkoさんとみどりさんも会うのが2回目だそうで聞いてる方は驚き隠せず。

そんな話を聞いて、私も祖父母に聞きたいことがあると思って、みどりさんにJunkoさんと繋いでくださるようお願いしました。理由は祖父母に実家の家業である陶芸をやった方がいいのか、聞いてみたかったため。

b86d92f4d36271a6a1db24b603ed9a80_s

私は家業の苦労を見て、美術で生きて行くのは大変と骨の髄まで実感し、実業の世界を選び、家と田舎を出ました。それにそもそも美術はズッー〜とアヒル(2)でドイヒーセンス。

それでも最近 何度も田舎から「呼ばれている」「呼び戻されている」感覚があったので、ありゃりゃどうしたものかと。元気な父とは、いまだ会えば喧嘩ばかりですし、まあ聞けるなら、70年以上も前に亡くなったのにいまだ展覧会を開いていただける祖父かな、と。

今年8月にJunkoさんにお会いした時の祖父の言葉は

  • 気にかけてくれていてくれてありがとう
  • やりたいならやってもいいし、やらなきゃとは思わなくて良い
  • 今はゆっくり休んで、要らないものを削ぎ落とすこと
  • もし陶芸について何かやってくれるなら、自分(祖父)の足跡を残すようなことをしてほしい

だったと思います。陶芸やらなくていいんだ、と、ちょっとホッとしました(結構 プレッシャーだった)

その後、みどりさんを通じてJunkoさんから「綾ちゃんの実家に行ったら、もう少しメッセージが聞けるかも」と言うお話をいただき、昨日3人で私の田舎に行きました。

dsDQ1Or7RpyNrf98smun%w

まず土地を収める神様(=私の産土神社)に参拝。そこでJunkoさんが言うには

  • この神社は温かく包み込むような場所
  • 神社の裏で祖父もしくはご先祖様が植林をしているはず。

私にとって神社は子供の頃から遊び場という懐かしい場所だけなので「へー。そうなんですか」としか言えず。→ その手の方々から見ると神社で遊んでいたこと自体が神様に呼ばれ・守られていたことらしい・・・。

その後、モザイクタイルミュージアム横にある「Cafe de Soleil」でお茶タイム。ここでは祖父母からのメッセージという話にならず、Soleilのオーナーパティシエであるくみえもんと4人で色んな話をしたかな。色々というか鬼勘というか。価格の安さで商売するな的なお話。。

fyiXr0THT3KVNJpgX5YkMg

すっかり話し込んでお昼ご飯、食べ損ねたので、五平餅を食べて、再びお茶して帰宅。道中 Junkoさんに「綾子さん、空を見て」と言われて外を見ると不死鳥のように羽を広げた雲の中に彩雲を見ました。私はこういうことに鈍感なのですが彩雲って吉報なんだそうで。写真を撮ろうと思ったけど一瞬で消えてしまいました。

車中で再び 祖父母からの伝言を聞くことができました。まずは「お祖父様、キリスト教と何か関係あります?」という質問から。あらま、祖父母は元々 キリスト教徒で陶芸の仕事を本格化するにあたって仏教に改宗しています。

祖父母からの伝言。

  • 連鎖を止める → 家業に囚われる必要はない
  • 自分の自由に → 自分のやりたいことを自由にやりなさい。「べき」にとらわれないこと。
  • 羽衣を纏って軽やかに → 彩雲は羽衣。祖父母やご先祖様からの真理愛・不変愛の証

お別れした後に「おばあちゃんは「べき」に囚われない人だった」と思い出しました。長男だから家を継ぐべきとか全く言わずにブラジルに移民に出してしまったし、娘もドイツへ移住してしまったし、

私の進路で堅物の父(短大出て、近くの農協で就職して結婚するというストーリーを描いていた)とぶつかった時も「綾子ちゃんの人生は綾子ちゃんが決めるの」と、私の味方になってくれたのも祖母。

最後にJunkoさんに手を握ってもらった時、ビリビリとしました。祖父からのエネルギーのダウンロードだそです。ありがたや。元々 陶芸やるべきかどうか悩ましく相談に乗っていただいたのですが、祖父母のことや彼らとの思い出を思い出す、いい時間になりました。

IMG_3426

Junkoさんのセッションは紹介のみですが、特別に(というか話のノリ)11月8日(水) 岐阜・多治見市 モザイクタイルミュージアム横にある「Cafe de Soleil」さんで1Day セッション会を開催されるそうです。

亡くなったとのメッセージを聞いたり、今の悩みの解決するためのリーディングやカードなどでセッションしてくださるそうです。