愚痴れる幸せ

私は会社員時代、それはよくグチグチと不平不満を吐いておりました。特に休職する直前は、自分でも「オーラがどす黒紫色」だな、と自覚するくらい酷いもの。まあ会社員とは望まない仕事をさせられることが多く、愚痴や不平不満が出やすい職業だったりします。

しかし、会社の仕事から離れ個人事業主として仕事をするようになった現在、愚痴とか不平不満を一切 吐かなくなりました。

楽しく自由に仕事しているから?

いいえ。仕事に対するプレッシャーは会社員時代より厳しいです。会社員時代は仕事してもしなくても毎月定額の収入があります。今は自分の活動量が収入に直結しますし、活動しているからといって収入が保証されているわけでもありません。会社員時代は与えらえた担当業務を遂行すればよかったですが、現在は一部外注化してるものの営業、経理、バックオフィス・・・全て自分でやります。労働時間は時にブラックそのものです。

でも愚痴はありません。愚痴っていても何も解決しないから。全てはテメーの責任でやってる個人事業主。愚痴る暇なんか、ねーよ。そんな時間があれば、状況が改善するために脳みそや時間を使わなきゃ。

個人事業主はプレッシャーもありブラックでもありますが、自分で考え・行動した成果を全部自分で受け取れるので、会社員時代とは違った仕事の楽しさを感じています。

そんな二つの状況を経験して振り返ると

「愚痴がでる状況」というのは「やらされている感」がある時で
「やらされている」とは「誰かの傘の下にいる(指示する人がいる)」状態
「誰かの傘の下にいる」とは「誰かが自分を守ってくれている」状態


だと考えることができ、つまり『愚痴がでる人とは誰かに守られている人』なのではないか?と思えます。要は守られているという幸せな状態だと思うのです。わかりやすいのは給料面ですかな。あとは人によっては社会的ステータスなども。

なんでこんなこと書いてるかと言うと、最近 愚痴を聞いてて気分悪いなぁと思いながら、そういえば、なんで私は愚痴らなくなったんだろう?と自分を振り返って考えてみたのです。今思えば、あれはあれで幸せな状況下にいたな、と。。。今更ですが。

ちなみに一番最初に「会社員とは望まぬ仕事をすることが多いため愚痴や不平不満もでる」と書きましたが、会社を辞めた今 思うのは「望まぬ仕事」とは「自分を成長させる糧」だったこと。自分の限界を超えた仕事を与えらえていたからこそ今の自分があると実感しています。

その時は辛かったし、悔しいこともあったり、怒り狂ったこともあったけど、様々な経験をさせてもらえたことに感謝ですね。個人事業主は自分で自分の壁を超えないといけないのでこれはこれで大変です。優秀な経営者ほどコンサルをつけると聞いたことがありますが納得。