「自信がない人」の傾向と対策

友人との会話から気づいたことです。自信がない人って、いつも誰かと自分を比べて自分に無いところを探しているな、と。

「〇〇さんはすごいよねー」とか
「私には無理無理」とか
「(やってみたらと言っても)私には無理」とか。

他人を褒める行為はとってもいいことなんですが、時に自分自身を必要以上に卑下しているようにも見受けられます。それに他人と自分を比べている時点で既に他人軸。自分を見ていない。

そんな友人に「まずヘナを習慣づけるように」と助言しました。
なぜヘナか?

自信がない人って、例えれば普段 車移動で歩かない人が、いきなりフルマラソンに挑戦することを考えている人だから。つまり今の時点で出来ないことを一生 出来ないと決め付けているからです(そりゃ、現時点で歩いてもいない人が42.195kmなんて走れっこないやろ)

彼女の場合は、ヘナが習慣として根付いていない(だって面倒なんだもん、と、言い訳して先延ばして結局やらない)ので、まずはそれを習慣として定着させようと。

これまでやろうと思ってても出来なかったことが出来るようになれば、それが自信や自己肯定感に繋がると考えたのです。

この時には鬼モードだったので、ヘナをやってもらうにあたって「いつやるの?」とご自身に日にちを決めてもらいました。やらない人は自分が決めた日であっても「面倒だから・・」と言って先延ばしにしがちです。

自分が決めた日とは自分との約束。自分との約束が果たせないから、それが自己卑下や自分に自信がないに繋がり悪循環にハマる。でも自分が決めた日にちゃんとできればそれが「出来た」という自信になり、それが積み重なって自己肯定に繋がる。

たかがヘナですけどね。ヘナは髪を綺麗にするだけでなく、内面を綺麗にすると言い続けているのはこういう理由もあります。習慣というのはそれだけの効力があります。掃除も然り。毎日トイレ掃除と決めて継続できるようなれば、ものぐさだった昔の自分とはおさらばです。

さて、件の彼女は見事 自分との約束を果たしました。自分との約束は果たした時には自分を思い切り褒めることもポイントです。

注:さくらではありません

自分との約束を果たし、ヘナをしたことで自分を褒めて
髪が綺麗になった自分を鏡で見て更に自分を褒める。
ヘナには様々な効果があるのです。

自分との約束をついつい反故にしてしまうという方がいたら、LINE@はまだ生きているので、鬼的無料フォローしますからご遠慮なくメッセージくださいね〜。

LINE@コード:@jhy5313z
QRコード

森田先生に髪質チェックしてもらうためにヘナるというのも効果的。

【4月8日 髪とヘナのワークショップ開催概要および申し込み方法】
日時:4月8日(月) 14:00〜16:30
会場:ウィンクあいち(名古屋駅より徒歩3分)
参加費:3,000円(初参加 森田先生著者なし)
    1,000円(初参加 森田先生著書あり)
    1,000円(再受講)
    8,000円(ラクシュミー取り扱い業者の方)
申し込み方法:こちらをクリック
       (申し込みフォームに画面が変ります)

ヘナのご購入はこちらから(宮本美和さんのお店)