ネタでしかない大ウケ京都五山送り火

米粉コンシェルジュ協会の柳田かおりさんにお誘いいただき、人生初の五山送り火を見にきました。

私は人混み嫌いで、このようなお誘いなかりせば、見にこないイベントなので、かおりさんにはほんとに感謝です。

京都の街を囲む北山、東山、西山の三方の山に送り火が灯される一番の見どころポイントは、京都で一番高い建物である京都駅ビルのようですが、

こちらは公募抽選者のみしか入れず、気まぐれでやってきた私たちはもちろん入れず。

どしようかね?と一階に降りたところで、送り火バスツアーがあり、飛び乗りで乗車しました。


たまたま飛び乗ったバスでしたが、お隣の人曰く、15分前まで満席で急遽 キャンセルがでたとのこと。

あらま、とてもラッキーということで、京都市内をバスで巡りながら、送り火を見ることになりました。 バスは11号車よ。


ライトアップされた二条城なんかみたりして、観光モード全開。


送り火は20時から順に点火されるため、途中10分ほど時間調整しましたが、この時間調整が凶とでます。

各所大渋滞。バスが全く進まない。


「大」文字がやっと見えた!と思いきや、もう火が消える寸前で、カメラには写らず。

「法」「妙」は、鎮火後で全く見えず。

(見えたらこんなん)

舟形も遠くからは見えたけど、バスが近づいたころには、ほぼ鎮火。


左右の「大」の片割れ左大文字に至っては、交通集中のため、断念。

と、4,000円もした乗車券の費用対効果が…なバスツアーでした。

凶と出た時間調整は、有名な「大」文字をちゃんと見せるため、過去の経験則から来ているものだと思います。交通渋滞は読めないので仕方ないですね。


テンション下がるツアー客に、様々な雑学ネタを披露し、約2時間のツアーをしゃべり倒したバスガイドさんはあっぱれものでした。

早速、来年リベンジだ!と盛り上がったのは言うまでもありません。

ブログネタとしては、御誂え向きの送り火バスツアーでした!ある意味、むちゃ楽しかったです。

かおりさん、ありがとう!来年もぜひご一緒に!

おみやにもらったレモンのミニカップ米粉シフォン♡